洋服 カビ 落とし方

れふぁブロ

洋服にカビが。。落とすにはどうすればいい?


035578
久しぶりに出してみると洋服にカビが・・。

せっかく気に入って購入した洋服ですから、なんとか着れる状態に戻したいところですね。

 

洋服のカビを落とすには?

カビには大きく分けて白カビと黒カビがあります。

 

どちらもカビという植物が洋服に生えた状態であることには変わりがありませんが、白カビは色素がついていな い分落としやすくなりますが、色素のついた黒カビは完全に落とすのが難しくなります。

 

それぞれの落とし方はこちらです。
↓↓

白カビ

水洗いできるものは洗濯、洗えない物はドライクリーニングで落とせます。

 

黒カビ

黒カビは洗濯やドライクリーニングに出して表面のカビを取り除いても、繊維に根が残るため完全に落とすのは とても難しくなります。

 

かすかに黒い点々が見える程度の黒カビなら、塩素系漂白剤で漂白すれば少し目立たなくなるかもしれませんが 元通りにというのは難しいでしょう。

 

洋服に生えた黒カビが落とせるかどうかは、黒カビの根の張り具合によるとも言えます。

カビは微生物といったイメージがありますが、植物のように根を張ります。

 

色素がついたカビの場合には、洗濯やクリーニングしてもこの根の部分を十分に落とすことができずに見た目的には変らず・・といった結果に終わることもあります。

 

そのため、洋服についたカビはなるべく早く対処することが大切になります。

 

ただ、大事な服でどうしてもなんとかしたいという場合には、この記事で紹介しているクリーニング店で相談してみると綺麗になるかもしれません。ぜひ、相談してみてください。

 

大事な服のクリーニングをお願いできるお店は?>>

 

 

 

 

 

 

洋服についたカビの臭いをとるには?

また、カビは見当たらないけれど洋服がカビ臭い。。こんな状態になっていることもありますね。

カビ臭いまま着るわけにはいきませんから、これもなんとかしたいところですね。

 

洋服のカビ臭さは、風通しの良いところに干しておけば自然に抜けていきます。

 

早く臭いを取りたい場合には、扇風機などを活用して集中的に風を当てるのもおすすめです。

 

 

カビが落ちなかったけれど、どうしても着たい場合には?

黒カビが落ちなかったけれど、「どうしても着たい!」そんな場合には、濃いめの色に染め替えしてしまうという手もあります。

 

淡い色の服を濃い色に染めかえると洋服の印象が変わってしまうこともありますが、カビの色素が目立ちにくい色で染め替えてしまうと新たな服として着られます。

 

染め替えしてくれる業者さんがありますから、相談してみましょう。

 

また、カビが生えた部分がデザインとして切ってもおかしくないようなら、リフォームで切ってしまうのもおすすめです。

 

例えば、シャツの袖の部分にカビが生えているようなら、その部分を切って7分袖や半そでなどにリフォームし てしまうのも手です。

 

 

洋服にカビを生やさないようにするには?

カビは栄養と湿度、温度により生えてしまいます。

そのため、この3つの条件がそろわないように収納することが大切になります。

 

カビは湿度が65%以上、気温が20℃を超えるとその活動が活発になりますから、クローゼットや押入れなど換気
や除湿を小まめにしすることはもちろん、洋服を収納する際は清潔な状態にしてから収納するようにしましょう 。

 

とくに湿度が高くなるとカビが生えやすくなりますから、コートやジャケットなどすぐに洗えない物は、すぐに 収納するのではなく一晩程度ハンガーにかけて着用時に衣類が吸い込んだ湿度を飛ばしてから収納するのがおす すめです。

 

こうすることで湿度がたまりにくくなります。

 

また、クローゼットや押入れの詰め込み過ぎも空気の通りを悪くしてカビが生えやすい環境を作り出すことにな りますから、ぎっしりと詰め込むのではなく8割程度にとどめておきましょう。

 

換気しても風が通りにくい場所に収納がある場合には、扇風機やサーキュレータを活用して直接風を送り込むの もおすすめです。

 

カビを生やさないためにはとにかく換気がポイントになります。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい

↓↓

部屋がカビ臭い。。解消するにはどうすればいい?※湿度と室温が鍵だった>>

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

広告

スポンサードリンク

サイト内検索
最近の投稿
タグ
カテゴリー