介護職 転職支援サービス 複数,介護職 転職支援サービス 活用

れふぁブロ

介護職の転職支援サービスは複数登録しても大丈夫?そのお得な活用法は?



介護職専門の転職支援サービスは、登録しておけば希望条件に合った求人を紹介してくれたり、なかなか見かけないような好待遇の求人を紹介してもらえるチャンスがあるのが魅力です。

 

実際に、介護職の転職で転職支援サービスを使ってみようかと検討されている方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、なかには介護職の転職支援サービスを使うにあたって、複数の転職支援サービスに登録していいのかどうかを思案されている方もいらっしゃるようです。

 

ここでは、介護職専門の転職支援サービスのお得な活用法をご紹介しています。

 

 

介護職専門の転職支援サービスのお得な活用法は?

介護職専門の転職支援サービスは求職者にとっては、なにかと便利なサービスです。

 

お得に活用してよりよい転職を実現させていきましょう。

 

複数の転職支援サービスに登録

介護職専門の転職支援サービスは、1ヶ所だけではなく複数の転職支援サービスに登録しておくのがおすすめです。

 

なんとなく「転職支援サービスは1ヶ所に登録しておけばいいかな」と思われる方も多いようですが、1ヶ所だけの登録では転職支援サービスとの相性によっては思うほど求人を紹介してもらえないこともあります。

 

なぜなら、転職支援サービスは会社ごとに特徴があり、扱っている求人内容が違っていたりするからです。

 

例えば、A社は関東でも東京近郊の求人が得意だが、B社では関西地方の求人が得意、また、A社では扱っているけど、B社では扱っていない求人があるなど。

 

1社登録してみてあまり紹介してもらえないようならその転職支援サービスはあまりあてにせず、別の転職支援サービスに登録してしまった方が早く理想の職場に転職できます。

 

また、転職支援のサポート内容も会社によって異なります。

 

転職支援サービスによっては就職祝い金が出たりするところもありますし、気になる介護施設の職場見学をさせてもらえるところもあります。

 

転職支援サービスの質は実際に登録してみないと分からない部分も多いのが実情です。

 

「数打てば当たる」ではないですが、いくつかの転職支援サービスに登録しておくと「すごく面倒見が良く、登録しておいて良かった」と思える転職支援サービスに巡り合える可能性が高まります。

 

1つ親身に相談に乗ってもらえる転職支援サービスを見つけておけば、次に転職する場合にもお願いでき心強いです。

 

介護職専門の転職支援サービスは無料で登録できますし、何社登録しておいても問題がないものです。

 

1つの転職支援サービスに固執していては損ですから、いくつか登録して利用していきましょう。

 

非公開求人に応募

介護職の転職支援サービスを利用する最大のメリットは非公開求人に応募できるところです。

 

非公開求人は介護施設側の諸事情により求人情報誌や求人サイトなどに求人情報を掲載せずに人を募集している求人です。

 

非公開求人は好待遇な求人も多く、これを活用して転職活動を行うと思ってもみない良い条件の職場に転職できる可能性があります。

 

キャリアカウンセラーから情報を収集

気になる求人があり、実際の職場の雰囲気がどんな感じなのか知りたい場合、キャリアカウンセラーに質問すれば求人票からはうかがえない職場の雰囲気や実際の業務について教えてもらうこともできます。

 

また、転職支援サービスによっては実際に働いている方にアンケートをして働きやすさや職場の人間関係などを把握しているところもあります。

 

こういった情報は求人サイトを見ているだけでは分からないものですから、積極的に活用してみましょう。

 

条件交渉をお願いできる

転職活動では給料や勤務時間、休日のことなど待遇面について確認しておきたいことや交渉したいことも出てきます。

 

しかし、待遇面についてのことは応募者が直接面接官に問うことは難しいのが現実です。

 

転職支援サービスを間に入れて応募すれば、こういった質問しにくい待遇面の質問も問い合わせてもらうことができます。

 

どうしても待遇面で確認しておきたいことがある方は、キャリアカウンセラーにお願いして聞いてもらいましょう。

 

介護職専門の転職支援サービスを見てみる>>

 

 

 

 

 

介護職の転職支援サービスではこんな人が歓迎される

介護職の転職支援サービスでは、介護の資格を持っている人が歓迎されます。

 

具体的には、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)、介護職員実務者研修、ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修、介護支援専門員(ケアマネジャー)、主任介護支援専門員、介護福祉士です。

 

介護職員初任者研修のみ取得の方でも重宝されますから、介護の資格を持っているのならぜひ転職支援サービスを活用してみてください。

 

転職支援サービスを活用するとお得に転職できる可能性があります。

 

「介護職未経験の方でも介護の基本資格である「介護職員初任者研修」を取得しておくだけで随分と待遇がちがいます。

 

「介護職員初任者研修」を取得していない方は、資格を取得することをぜひ検討してみてください。

 

介護職員初任者研修を取得するメリットは?その費用は?>>

 

介護職員初任者研修講座の通信と通学の違いは?講座を選ぶポイントは?>>

 

 

介護職の転職支援サービス、みんなはこんな風に活用している

 

 
前職では特養で夜勤も行っていたので体力的にきつくなり、日勤のみの希望に合う施設を探そうと在職中に転職支援サービスに登録して転職活動をスタートさせました。仕事をしながらの転職活動でしたので「大変かな」と心配しておりましたが、担当のキャリアカウンセラーの方が調整から交渉まで全て代行してくださり、4ヵ月で老健に無事入職することができました。(50代 女性)

 

 
前職は一般企業の事務職でしたが、介護の仕事に興味があり初任者研修を取得しました。ただ、介護の仕事に携わるのは初めてでしたので、転職活動もどんな介護施設で働けばいいのか皆目見当もつかない状態でした。とりあえず介護の資格があるので転職支援サービスに登録してみることにしました。担当してくれたキャリアカウンセラーの方が親身に相談に乗ってくれ、未経験でも働ける施設をいくつも紹介してもらいスムーズに入職することができました。(30代 女性)

 

 
特養に勤めていましたが、給料を上げたいと思い転職することを考えていました。転職を思い至った当初は自分で求人サイトなどをチェックしていましたが、どれも今の給料と変わらないところが多く転職しても給料を上げるのは難しいかもしれないと思いだしていました。
そんな時に知人から転職支援サービスのことを聞き、早速登録してキャリアコンサルタントの方に相談してみたところ、非公開求人というものがあることを教えてもらいました。非公開求人のなかには給与が高いものもあり、こういった非公開求人を紹介してもらうことができました。自分だけで探していては見つけられなかった求人に応募でき、採用していただきましたので、本当に転職支援サービスに登録して良かったです。(30代 男性)

 

 
前職の介護施設を退職してからブランクがありましたが、子育てが一段落したので再就職することに。また、キャリアアップを目指してケアマネージャーの資格も取りたいと考えていました。求人サイトなども見てみましたがこれといった求人がなく、思い切って転職支援サービスに登録したところ働きやすそうな理想の職場の求人を紹介してもらえました。ブランクがあるので不安でしたが、良い人ばかりの職場で安心して働けています。(40代 女性)

 

 

介護職専門の転職支援サービスを見てみる>>

 

 

 

介護職の転職支援サービスは介護の資格があれば、かなり求職者の味方になってくれサービス!

介護支援サービスの利用者の口コミを見てみると、介護の資格を持っていれば実務経験が無くても、多少ブランクがあったとしても、希望に応じた求人をしっかりと紹介してもらえるようです。

 

育児や諸事情で一旦離職してブランクがある方も、尻込みせず登録してみるといいですね。

 

ただ、転職支援サービスを利用して転職に成功した方の口コミを注意深く見てみると、皆さんキャリアカウンセラーにしっかりと自分がとんな転職をしたいのかをきちんと伝えています。

 

50代の女性は夜勤が辛いので日勤のみの施設で働きたいことを伝えていますし、給料を上げたいために転職を決意した30代の男性はそのことをキャリアコンサルタントに相談しています。

 

介護職の転職支援サービスに登録しておけば良い求人を紹介してもらえるチャンスがあります。

 

しかし、自分の希望に叶った転職先を紹介してもらいたいなら、「どうして転職したいのかといった転職したい気持ちの背景」や「どんな施設でどんな待遇で働きたいのか」を十分にキャリアカウンセラーに伝えておくことが大切です。

 

キャリアカウンセラーに希望や転職の背景を伝えておくことで希望に合った転職先を紹介してもらいやすくなります。

 

 

さいごに

介護職の転職支援サービスは利用しなれていない方にとっては敷居が高く感じられるかもしれませんが、介護の資格を1つでも取得していれば登録しておいて損はないものです。

 

また、1ヶ所の転職支援サービスにだけ登録して求人が紹介されるのを待つよりも、複数の転職支援サービスに登録しておいて同時進行で情報の提供を受ける方が早く理想の職場へと転職できます。

 

転職支援サービスに登録すると転職支援サービスから電話がかかってきたり、面談の必要があったりと面倒に感じられることもありますが、それを超えるメリットがあります。

 

上手に活用して、理想の職場への転職を実現させていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

広告

スポンサードリンク

サイト内検索
最近の投稿
タグ
カテゴリー