れふぁブロ

逆流性食道炎の原因は?※食生活習慣の影響が意外と大きかった


293877

 

逆流性食道炎は、胸やけや酸っぱいものが込み上げてきたり、胸のあたりにチリチリとした痛みがしたりと、不快な症状が続くのが辛いところですね。

 

しかも、厄介なことに、薬を飲んでもなかなかスッキリと改善されないことも多かったりします。

 

何ごとも問題を解決するには、まずはその原因を知ることが大切だったりしますから、逆流性食道炎についても、まずはその原因を知り、対策することが辛い症状の改善に大きく貢献してくれます。

 

逆流性食道炎でお悩みの方も、逆流性食道炎かも?と心配な方も、こんなことに思い当たらないかチェックしてみてくださいね。

免疫力を高める方法は?腸・体温・ストレス管理が大切だった


015630
免疫力が低下すると病気に罹りやすくなったり、アレルギー症状がひどくなったり、疲れがとれにくくなったりと、いい事がなにもありませんね。

 

免疫力は20代をピークとして、その後は加齢とともにどんどん低下していきます。

 

50代になるとピーク時の約半分程度に落ち込んでしまうとも言われていますから、免疫力を少しでも高められるように対策をして、いつまでも元気に快適に暮らせるようにしたいところですね。

逆流性食道炎が薬を飲んでも治らない意外な原因とは?


22-1

 

逆流性食道炎の原因には、ストレスや脂肪やたんぱく質の多い食事の獲り過ぎ、加齢など様々な原因があります。

 

しかし、「どんな原因の逆流性食道炎でも薬を飲めば治るだろう。。」こんなふうに思いがちですが、実際はなかなかスッキリと改善とはいかないことも多かったりします。

 

逆流性食道炎が長引くと痛みや不快感などが続き、食事も楽しめなくなるのが辛いですから、なんとかスッキリと早く改善してしまいたいところです。

 

逆流性食道炎が薬を飲んでも治らないのは、なぜなのでしょうか?

内臓脂肪を落とすには?中性脂肪が多い方は減りやすいかもしれません


112400

 

「内臓脂肪は体にとってよくない。」これはよく言われていることですね。

 

実はこれは本当で、内臓脂肪が体に溜まると身体に炎症を起こす悪玉ホルモンが分泌されることになり、体内に炎症が起こりやすくなります。

 

体内で炎症が起こると、インスリンの働きが悪くなったり、中性脂肪や血圧の値が上昇して、糖尿病や高血圧、脂質異常症などのような生活習慣病を引き起こす原因ともなります。

 

内臓脂肪が多いことに気づいたら、できるだけ早く減らせるように対策していきましょう。

脂肪肝になるとどんな症状がでる?※こんな事が気になるなら要注意


217726
脂肪肝は早期に見つけて対処しておかないと、肝炎や肝硬変、肝臓ガンなどの怖い病気に進行する可能性があるのが恐ろしい病気ですね。

 

肝臓の不調は、できるだけ早く発見して改善していきたいものです。

肝臓は沈黙の臓器といわれていますが、脂肪肝になると何か症状がでるのでしょうか?

 

早期発見するためにも、その症状を知っておきたいものですね。

サイト内検索
おすすめランキング
タグ
最近の投稿
カテゴリー