介護職 転職 面接

れふぁブロ

介護職の転職の面接対策はどうすればいい?面接で失敗しないための4つの対策


 

介護職の転職活動において、面接は絶対に避けて通れないものですね。

 

入所者さんとの会話は得意だけど、「面接という場になるとどうも苦手・・」という方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、初対面の面接官に短時間で自分の良さをしっかりとアピールできるための対策をご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

介護職の面接で大切なポイントは

介護職の面接での大切なポイントは、人付き合いの基本である「マナーを守って相手に嫌な印象を与えない」ということに気を付けて挑むと良い結果が得られやすいです。

 

たいてい、自分を良く見せようと背伸びすると空回りして良くない結果になりがちです。

 

人は自分を良く見せようと背伸びするとどうしても表情が固くなったり、緊張感で思いよらぬ自分らしくない発言をしてしまったりと失態をしてしまい、かえって良い印象を相手に与えられません。

 

面接では採用されたいがために等身大の自分よりも良く見せたくなるものですが、「本来の自分を見てもらい、ご縁があれば働かせてもらおう」ぐらいのスタンスで面接を受けると上手くいきます。

 

また、いつもの自分を見てもらった上で採用されれば、採用後にも無理をせずに済みます。

介護職は仕事柄、人とのかかわりが多い仕事です。

 

仕事が出来ないよりも出来るほうがいいに決まっていますが、それ以上に重視されるのが人柄です。

 

「誠実である」「人に和やかに対応できる」「責任感がある」など、 面接官に「この人と一緒に働いてみたい」「この人なら長く働いてくれそうだ」「仕事を安心して任せられそうだ」と思ってもらえたら面接は成功です。

 

 

介護職の転職、面接で失敗しないための対策は?

介護職の面接で自分の良さをアピールするための面接対策としては、次の4つがあげられます。

    • 時間厳守
    • 清潔感ある服装で面接に挑む
    • 想定質問の回答を準備しておく
    • 意欲、やる気をアピール

 

時間厳守

「面接の時間を守る」ということは就職活動においては基本的なことです。

 

しかし、これは基本的なことだからこそ、とても大切です。

 

基本的なことは出来て当たり前の事柄で、基本的なことが出来ないということは例えその他の面で優れていたとしても「その人に対して全面的な信頼感が持てない」と感じさせることになります。

 

これは就職活動においてはとても損なことですから、基本的なことですがきちんと出来るように準備しておきましょう。

 

面接に訪れる時間は、早すぎても遅すぎても心象がよくありません。

 

面接時間の5~10分程度前に到着するようにし、やむを得ない理由で時間に遅れる場合にはあらかじめ連絡をしておきます。

 

「面接で遅れるよりは早く到着している方がいいだろう」と面接時間の30分前に訪れる方もいますが、これも相手方にとっては「こちらの都合を考えていない」ということで心象が良くありません。

 

早すぎず遅すぎない時間で訪れるようにしましょう。

 

介護職の面接の服装は「清潔感ある服装」で面接に挑む!

介護職の面接の服装はスーツがベストですが、そろえるのが難しい場合は無地のシンプルなシャツとスカート・パンツなどのように清潔感がある服装を選ぶようにしましょう。

 

靴もシンプルなパンプスやビジネスシューズを選ぶようにし、スニーカーはやめておきましょう。

 

そして、シャツにはアイロンをかけて、ピシッとした状態で着用するのがおすすめです。

 

シャツにアイロンがかかっているのとかかっていないのとでは印象が随分と違います。

 

「アイロンがかかっているかどうかなんて見ていない」と思われる方もいるかもしれませんが、意外と面接官は細部まで見ています。

 

「時間を守る」「見た目をきちんと整える」この2つは基本的なことですが、これがきちんと出来ているとそれだけで印象はかなり良くなります。

 

やらないと損ですから、ぜひピシッと整えて面接に訪れてみて下さい。

 

以下に「介護職パートの面接の服装」「介護職の面接でおすすめのスーツ」をそれぞれ男女別にご紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

介護職の面接でおすすめの服装を見てみる>>

 

 

想定質問の回答を準備しておく

どんな業種の面接試験でも、「これは質問されるな」というポピュラーな質問があります。

 

必ず聞かれるなと想定される質問には、あらかじめ回答を考え準備しておきましょう。

 

あらかじめ回答を準備しておけば、慌てふためいて満足いかない回答をしてしまうリスクが避けられます。

 

介護職の転職の面接なら、「この施設を選んだ志望動機は?」「前社を退職した理由はなんですか?」「あなたの長所・短所を教えてください」などの想定質問が思い浮かびます。

 

十分に考えて、あなたらしさが感じられる回答を準備しておきましょう。

 

面接試験でよく聞かれる質問への回答は模範解答例などが出回っていますが、模範解答例をそのまま引用するのは良くありません。

 

面接官は何人も面接をしてきていますから、模範解答例のままでは「そのまま引用しているな」ということがバレてしまいます。

 

模範解答例は参考する程度にして、独自のエピソードを絡めた回答を作成しておきましょう。

 

意欲、やる気をアピール

面接官は、「この人と一緒に働きたい」と思える人を採用したいと思っています。

 

緊張で顔がこわばってしまうこともあるかもしれませんが、どんなに緊張しても面接官の眼を見て、あなたのその職場で働きたい思いをアピールしましょう。

 

笑顔で受け答えができれば尚良いです。

 

また、事前に応募先のホームページなどを閲覧して情報収集し、採用された場合に取り組みたいことが見つかればアピールしてみるのもおすすめです。

 

また、人の印象は話し方でも随分と違って見えます。

 

声が小さい方、声が通りにくい方は、大きめの声で語尾までしっかりと発音するように気を付けてみて下さい。

 

こうすることでハキハキとした印象になり、やる気が面接官に伝わりやすくなります。

 

 

介護職の面接の服装はどうする?

「介護職パートの面接の服装」と「介護職の面接でおすすめのスーツ」を男女別にご紹介しています。

 

介護職の面接でどんな服装をしていけばいいのか解説していますので、チェックしてみてくださいね。

 

介護職の面接でスーツを着るならどんなスーツがおすすめ?女性編

介護職の面接で着用するスーツは、いわゆるリクルートスーツと呼ばれている紺や黒のスーツを持っているのであればこれでOKです。

 

インナーは、エリ付きのシャツやノーカラーの白やグレーなどの落ち着いたカラーのカットソーを合わせましょう。

 

上下そろいの紺や黒のスーツが無い場合には、無地のシンプルなジャケットとパンツ、ジャケットとスカートのように単品のアイテムを組み合わせたコーディネートでも大丈夫です。

 

ただ、ある程度社会人経験がある場合には、少し個性の出るコーディネートをした方があなたらしさが出て面接官の印象にも残りやすくなります。

 

白シャツに紺や黒のリクルートスーツといったスタイルも無難でいいですが、新卒者のコーディネートといった印象があります。

 

リクルートスーツは無難できちんと感はありますが、介護職でのキャリアがある方の場合には少し物足りないコーディネートです。

 

介護職でのキャリアがある方の場合には、紺や黒のスーツを着る場合でもインナーを白シャツではなく、女性らしい印象のあるとろみ感のあるブラウスやカットソーにしてみるとこなれた雰囲気と個性がでて素敵になります。

 

また、夏の介護職の面接の服装を悩まれている方も多いですが、最近では水で洗えるウォッシャブルスーツというものが販売されています。

 

こういったものを活用し、中を半袖のシャツやカットソーにしておけば夏の面接も乗り切りやすいです。

 

以下に介護職の面接でおすすめのスーツコーディネートをピックアップしています。

参考にしてみてくださいね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

 

これらのコーディネートは、「ORIHICA(オリヒカ)」さんで購入できます。

 

ORIHICAさんでは、手ごろな価格できちんと感のある洋服が購入できます。面接の服が心配な方はチェックしてみてくださいね。

 

ORIHICAオンラインショップ>>

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

洋服の青山さん(@aoyama__official)がシェアした投稿 -

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

洋服の青山さん(@aoyama__official)がシェアした投稿 -

 

この上の2つは洋服の青山さんです。

 

洋服の青山オンラインショップを見てみる>>

 

 

介護職パートの面接、女性の服装は?

介護職のパートの面接でもスーツを持っているのであれば、やはりスーツ着用で訪れるのが無難でおすすめです。

 

スーツを用意できない場合には、いわゆるオフィスカジュアルと呼ばれているようなスタイルで面接に訪れましょう。

 

女性なら無地のシンプルなブラウスにスカートやパンツを組み合わせたスタイルです。

 

スカートやパンツも無地のシンプルなデザインのものを選びます。

 

肌寒い時にはカーディガンや単品のジャケットを羽織ると良いでしょう。

 

全体的なシルエットとしては、ボディラインが出過ぎない程よいゆとりのあるデザインを選ぶことが大切です。

 

またスカートを着用する場合には、スカート丈が短すぎない物を選びましょう。

 

面接で座ることを考慮して、座った時に膝が隠れる丈のスカートを着用するのがおすすめです。

 

具体的には次のようなコーディネートが、好感度が高いです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

 

これらのコーディネートは、「ORIHICA(オリヒカ)」さんで購入できます。

 

ORIHICAさんでは、手ごろな価格できちんと感のある洋服が購入できます。面接の服が心配な方はチェックしてみてくださいね。

 

ORIHICAオンラインショップ>>

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

洋服の青山さん(@aoyama__official)がシェアした投稿 -

 

この上のコーディネートは洋服の青山さんです。

 

洋服の青山オンラインショップを見てみる>>

 

介護職のパートの面接の服装は、リクルートスーツのようにガチガチの就活スタイルでなくても大丈夫です。

 

もちろん、紺や黒のリクルートスーツを持っているのであればそれを着用すればいいですが、持っていなければここでご紹介したようなスタイルで大丈夫です。

 

とくにおすすめのコーディネートは、レーヨンやポリエステル素材のとろみ・光沢感のあるブラウスにシンプルなパンツやスカートと

いったスタイルです。

 

レーヨンやポリエステル素材のブラウスは、着ていて楽な上に、これ1枚でも上品な感じもあって面接映えします。

 

介護職の面接でスーツを着るならどんなスーツがおすすめ?男性編

介護職の面接で着用するスーツは、紺や黒、グレーといった落ち着いたカラーのスーツがおすすめです。

 

いわゆるリクルートスーツと呼ばれている紺や黒のスーツでもOKですが、社会人経験がある場合にはインナーを薄いブルーやベージュといったカラーシャツにして個性を感じさせるコーディネートにしてみましょう。

 

紺や黒の無地のスーツに白シャツというスタイルは新卒者のリクルートスーツの印象が強く、無難ではありますが没個性的で社会人経験者の面接スタイルとしては物足りないコーディネートです。

 

社会人経験者に求められるのは、即戦力としての能力、仕事を安心して任せられるという信頼感です。

 

新卒者と同じリクルートスタイルでは頼りない印象を面接官に与えてしまうことにもなり、キャリアのある方の面接スーツとしては損な印象を与えてしまうことにもなります。

 

新たにスーツを新調する場合には、新卒者のスタイルとは一線を画すチェックやストライプなどの地模様がはいったスーツやグレーなどの落ち着いたカラーのスーツを購入してみると良いでしょう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

右のコーディネートでは靴がスニーカーになっていますが、面接の時はスニーカーはやめておきましょう。
左側のコーディネートを参考にしてみてください。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

こちらのコーディネートは、「ORIHICA(オリヒカ)」さんで購入できます。

 

ORIHICAさんでは、手ごろな価格できちんと感のある洋服が購入できます。面接の服が心配な方はチェックしてみてくださいね。

 

ORIHICAオンラインショップ>>

 

介護職パートの面接、男性の服装は?

男性の場合もスーツが用意できない場合には、介護職パートの面接ではオフィスカジュアルがおすすめです。

 

介護職パートの面接での男性の服装でおすすめなのは、エリがついたデザインのシャツやポロシャツに無地のパンツといったコーディネートです。

 

パンツはスーツ用のものではなく、チノパンでもOKです。

ただ、デニムはやめておきましょう。

 

パンツの色はベージュや黒、グレーといった落ち着いたカラーを選ぶのがおすすめです。

 

肌寒いときにはカーディガンやセーターなどをシャツの上に着用していきましょう。

 

羽織物として普段パーカーをよく着用している方は面接の場でもパーカーを着ていきたくなりますが、パーカーはカジュアルな印象が強いですから面接の場に着ていくのはやめておきましょう。

 

具体的には、次のようなコーディネートが好感度が高くなります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿 -

このスタイルのジャケット無しでもOKです。

こちらのコーディネートは、「ORIHICA(オリヒカ)」さんで購入できます。

 

ORIHICAさんでは、手ごろな価格できちんと感のある洋服が購入できます。面接の服が心配な方はチェックしてみてくださいね。

 

ORIHICAオンラインショップ>>

介護職のパートの面接では、少しカジュアルな感じの服装でも大丈夫です。

 

トップスをエリ付きのシャツやポロシャツにして、シンプルな無地のパンツでコーディネートしておけば、きちんとした印象になります。

 

肌寒い時には、シャツの上にシンプルなカーディガンやニットを着ると良いでしょう。

 

無地のジャケットがあれば、それを羽織っても素敵です。

 

 

介護職の面接で聞かれる質問!退職理由にはどう答える?

介護職の面接で聞かれて答えづらい質問の1つに「前職を辞めた退職理由」があります。

 

前職を辞める退職理由は人それぞれで、キャリアップの一環といった前向きなものもあれば、人間関係の悩みや労働環境の悪さに耐えかねて退職したという方もいます。

 

キャリアップといった前向きな理由による退職であれば面接官にも伝えやすいですが、そうではないネガティブに捉えられかねない退

職理由である場合にはなかなか伝えにくいものです。

 

ネガティブな退職理由の場合には、どのように面接官に退職理由を伝えればいいのでしょうか?

 

面接で退職理由を聞かれるワケは?

面接で退職理由を聞かれるのは、企業がなるべく長く働いてもらえる人材を探しているためです。

 

退職理由を聞いて、「その理由ならば採用しても続けてもらえそう」と判断されれば採用される可能性があります。

 

逆に退職理由が人間関係によるものや待遇への不満などネガティブなものである場合には、「採用したとしてもまた同じ理由で辞めてしまうのではないか」と思われてしまい採用されにくくなることもあります。

 

面接で聞かれる前職の退職理由は、その答えによっては不採用という結果を引き寄せかねないものです。

 

退職理由は伝え方をよく考えて答えるようにしましょう。

 

ネガティブな理由で前職を退職した場合の退職理由はどう伝える?

では、ネガティブな理由で前職を退職した場合にはどのように答えればいいのでしょうか?

 

おすすめの回答は、「ネガティブな退職理由の場合でも、前向きな退職理由に変えて伝える」ようにすることです。

 

人間関係や待遇面の不満などのネガティブなことが理由で前職を退職した場合には、その理由をそのままダイレクトに面接官に伝えるのはやめておきましょう。

 

前職を直接辞めたいと思うに至った理由は人間関係や待遇面の悪さというネガティブなことが原因かもしれませんが、この理由をそのまま伝えてしまうと「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と思われて不利になります。

 

ネガティブな退職理由の場合にはそのまま伝えるのではなく、前向きな退職理由に変えて伝えるようにしましょう。

 

例えば、退職したいと思った理由は人間関係や待遇面の悪さというネガティブなことが原因かもしれませんが、その他にも「仕事を任せてもらえない」とか「キャリアアップしたいけれど忙しすぎて勉強の時間を確保できない」といった向上心やキャリアップに対する不満はありませんでしたか?

 

前職の退職理由がネガティブな理由の場合には、こういった向上心やキャリアップに対する希望を叶えるために退職したと前向きな退職理由に変えて伝えるようにしましょう。

 

「できる業務の幅を広げたかった」「介護職のキャリアップを目指している」など、前向きな退職理由を告げるのがおすすめです。

 

 

介護職の面接では逆質問でやる気をアピール

介護職の面接では、最後に「何か質問はありますか?」と問われます。

 

この時、「特にありません」と答えてしまってはもったいないです。

 

この最後の質問に対する回答はいわゆる逆質問と呼ばれているもので、応募者が自己アピールできる最後のチャンスになります。

 

また、この介護職の面接での逆質問の機会を上手に活用すれば、面接官により良い印象をアピールすることができます。

 

介護職の面接での逆質問では、面接官はこんなところをチェックしている

介護職の面接での逆質問では、応募者の「応募に対する本気度」や「コミュニケーション能力」、「人となり」が見られています。

 

これは、面接官の「何か質問はありますか?」という問いかけに対する逆質問には、その人の性格や思考が反映されやすいためです。

 

例えば、面接官からの「何か質問はありますか?」という問いかけに「特にありません」と答えてしまった場合、面接官は「当社への応募には意欲的ではなく本気で働きたいわけではないのかな」と推測します。

 

「特にありません」という回答くらいで?と思ってしまいますが、少し想像してみてください。

 

あなたがどうしても就職したいと考えている介護施設があるとします。

 

どうしても就職したい介護施設ですから、あなたはその施設のホームページなどの資料をきっと細部まで読み込むはずです。

 

そして、その施設のことを調べれば、自然とその介護施設で働いた場合に気になるさまざまな疑問点が出てきます。

 

つまり、本気で就職したいと考えてその企業について下調べをしているならば、必ずいくつか「聞いてみたいと思う質問」が自然と出てくるはずなのです。

 

逆質問で「特にありません」と答えるということは、応募先の企業に対して「内心、特別な興味がないと思っている」と捉えられてもしかたがないのです。

 

また、逆質問で残業の有無や給料のことなど待遇面のことばかり質問する人もいますが、これは心象が悪くなります。

 

人が働く動機には生活のためという部分もありますが、企業は熱意をもって仕事に取り組んでくれる人を求めています。

 

「お給料分働けばいい」と思っている人では物足りないと思っているのが現実です。

 

また、逆質問で待遇面に対する質問しか出ないということは、その企業の業務内容に興味があるのではなく、応募者の希望する待遇が得られれば働く場所はどこでもいいと考えが透けて見えます。

 

介護職の面接での逆質問でアピールするには

介護職の面接での逆質問は、あなたのその介護施設で働きたいという気持ちを強くアピールして印象づけることができるチャンスです。

 

逆質問では面接前にあなたが調べておいた応募先の情報をもとに、業務内容やシステムで気になったことや疑問に思ったことを質問してみるとよいでしょう。

 

例えば、「御社のウエブページで○○を拝見致しました。〇〇はどれくらいの頻度で行われていますか?」「御社で採用された場合、入職するまでに何か身に付けておくべきスキルはありますか?」など、仕事に前向きに取り組む印象を与える逆質問をするようにしましょう。

 

ホームページで確認すればわかるようなことや休日や給料などの待遇面についてばかり質問するのは心象が悪くなります。

 

また、「特にありません」という回答もやる気をアピールできる回答ではありません。

 

必ず、面接の最後に逆質問の時間がありますから、あらかじめあなたの熱意を伝えられる逆質問をいくつか考えておきましょう。

 

 

さいごに

介護の仕事にとって最も大切なのは「思いやりの心」です。

 

「介護の仕事が好き」という気持ちがあって、こんな介護士になりたいというビジョンがあれば、きっと良い職場に巡り合えます。

 

面接試験は緊張するものですが、気負わず誠実な対応を心がけて挑戦してみてください。

 

 

介護職の良い求人を見つけるには、介護職専用の転職支援サービスを活用すると便利です。

 

こちらのページでおすすめの転職支援サービスをご紹介していますので、チェックしてみて下さいね。

 

介護職におすすめ転職支援サービス>>

 

 

 

 

 

広告

スポンサードリンク

サイト内検索
最近の投稿
タグ
カテゴリー