介護職員初任者研修 メリット,介護職員初任者研修 費用

れふぁブロ

介護職員初任者研修を取得するメリットは?その費用は?


 

介護職員初任者研修は、介護職に就きたいと考えている人に取っておいた方が良いとよく勧められる資格ですね。

 

介護の仕事は未経験・資格無しでも採用されると聞くこともありますが、介護職員初任者研修を取得するメリットはあるのでしょうか?

 

介護初任者研修を取るとなるとお金や時間もかかることなので、自分にとって必要かどうかしっかりと見極めたいところですね。

 

ここでは介護職員初任者研修を取得することのメリットやその費用についてご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

介護職員初任者研修のメリットは

介護初任者研修を取得するメリットとしては、次の3つがあげられます。
↓↓

    • 介護業務に必要な基本的な知識や技術が習得できる
    • 介護職未経験者でも採用されやすい
    • 介護職員実務者研修(450時間)のうち130時間が免除される

 

介護の仕事に必要な基本的な知識や技術が習得できる

介護職員初任者研修では、介護職に必要な知識から食事介助や入浴介助、排せつ介助などの実技まで、介護業務に必要な知識やスキルを学ぶことができます。

 

介護で必要な知識を何も持たずに就職してしまうと、理想と現実のギャップに戸惑ってしまい介護の仕事が辛くなってしまうこともあります。

 

しかし、あらかじめ勉強しておけば介護の仕事についての理解が深まり、難しい局面に遭遇しても「こういうもの」と判断でき、むやみに悩んだり不安にならずに済みます。

 

また、介護の基本知識を身に着けていれば、職場での先輩の指示も理解しやすくなりスムーズに働けます。

 

資格が無くても採用されるかもしれませんが、介護職として頑張っていきたいなら取得しておいた方がよい資格です。

 

介護職員初任者研修は通信講座やスクールなどで学ぶことができ、学科と実技の130時間の学習後、試験に合格することで修了証が与えられます。

 

介護職未経験者でも採用されやすい

介護職は無資格・未経験者でも採用されることもあります。

 

しかし、無資格・未経験で採用される職場は、人手不足が慢性的で厳しい条件の職場であることも多いです。

 

せっかく介護の仕事に就くなら、やはり、じっくりと腰を据えて長く働ける良い職場に巡り合いたいものです。

 

介護職員初任者研修を取得しておけば、介護の仕事が未経験だとしても良い職場に巡り合える可能性が高まります。

 

介護職員実務者研修(450時間)のうち130時間が免除される

介護職員初任者研修を取得すると介護職員実務者研修で必要な450時間の研修時間のうち130時間が免除されます。

 

介護職員実務者研修は、介護の上級資格である介護福祉士を受験する際に必要となる資格です。

 

介護職員実務者研修も介護職員初任者研修と同じくスクールや通信講座などで学びますが、その際に介護職員初任者研修を取得していれば、時間も短く、費用も安く抑えられます。

 

ちなみに介護福祉士は介護職員実務者研修+3年の実務経験で受験することができます。

 

介護福祉士の資格は、介護の仕事を続けていくなら、キャリアアップしていくためにも取得しておきたい資格です。

 

 
介護職員初任者研修はお金や時間がかかりますが、とくに介護未経験の方には取得しておいた方が良い資格です。

 

ちなみに、介護職員初任者研修の筆記試験は国家試験ではないため、講座の内容をしっかりと勉強していれば合格できるものです。そんなに難しいものではありません。

 

頑張って取得してみてください。

 

 

 

 

介護職員初任者研修の取得に費用はどれくらいかかる?

介護の仕事に就くなら介護職員初任者研修は取得しておいた方がよいと聞きますが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?

 

お金のことは、やはり気になりますね。

 

介護職員初任者研修の通信講座を受ける場合にどれくらいの費用がかかるのか調べてみました。

 

介護職員初任者研修の講座はかなり値段の幅が広く、2万~16万程度の費用の講座が多いようです。

 

そして、介護職員初任者研修の講座には通信講座と通学講座がありますが、通学講座の方が費用が高くなります。

 

2万と16万ではかかる費用が大きく違いますが、その差は教材や先生のクオリティ、設備、サポート体制などにより違ってきます。

 

例えば、2万円の講座でも資格の取得は可能ですが、取得に時間がかかったり、サポート体制がいまいちといった可能性があります。

 

早く資格を取得したいなら、大手教育機関の講座を選択するのがおすすめです。

 

大手教育機関には教え方の上手な先生が在籍していることが多く、設備、サポート体制も充実していて効率よく学べます。

 

例えば、ニチイの介護職員初任者研修講座は16万円近い価格で高価すが、修了するとニチイで就職相談が受けられ、全国1300ヶ所あるニチイ関連の介護施設などで就業することもできるサポートがついています。

 

一概に受講費用が安いからダメ、高いから良いとも言えませんが、講座費用が高価なところにはそれだけ請求できる理由があるということです。

 

また、介護職員初任者研修は、雇用保険の教育訓練給付や自立支援給付金の対象となっている講座が多いです。

 

受給資格があると、かかった費用の20%が給付されます。

 

先に例として出したニチイの介護職員初任者研修講座は約16万円と高価ですが雇用保険の教育訓練給付や自立支援給付金の対象となっているため、受給資格がある場合は費用の20%が給付されるため約12万8千円程度で受講できます。

 

雇用保険の教育訓練給付や自立支援給付金の受給資格がある方は、ぜひ活用してみて下さい。

 

雇用保険の教育訓練給付の受給資格は、被保険者である又はあった期間が3年以上(初めて受給する場合は1年以上)ある場合に受給できます。

 

自立支援給付金は、教育訓練給付の受給資格がないシングルマザーやシングルファーザーが受給できる給付金です。

 

講座選びはなかなか大変ですが、まずは資料を請求したり無料説明会に参加してみて、勉強してみたいと思える教育機関を選んでみてください。

 

まずは介護職員初任者研修の資料を請求してみましょう。
「ケア資格ナビ」を利用すると一度に複数のスクールの講座案内を取り寄せることができます。
↓↓

 

 

 

 

広告

スポンサードリンク

サイト内検索
最近の投稿
タグ
カテゴリー