介護職 資格 必要,介護の仕事 求人 未経験

れふぁブロ

介護職に就くには資格は必要?未経験でも採用される?


 

介護の仕事に就きたいけれど、「経験や資格がないと難しいかな・・」こんな風に尻込みされている方もいるのではないでしょうか。

 

ここでは、未経験や無資格で介護の仕事に就けるのかどうかについてご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

介護職に就くには資格は必要?

介護の仕事というと、なんとなく資格がないと働けないイメージがあります。

 

やはり何か資格がないと介護職への就職は難しいのでしょうか?

 

結論から言うと、せめて「介護職員初任者研修」を取得しておくのがおすすめです。

 

介護の仕事は資格がなくても採用されることがありますが、職場の選択肢が限られてしまいます。

 

介護職の仕事が未経験でも介護職員初任者研修を取得していれば、全く資格を持っていない人に比べて就職先の選択肢が増えます。

 

求人を見てみるとよくわかりますが、応募資格として介護職員初任者研修修了といった記載がされている求人が多いです。

 

無資格、未経験者歓迎の求人でも資格があれば尚可ということで、介護職員初任者研修修了者以上などと記載されていたりします。

 

介護職員初任者研修は、通信講座や通学講座で取得できます。

 

学ぶ内容としては、「介護職員に必要な知識」「食事介助」「入浴介助」「排泄介助」など介護に必要な知識、技術の実技習得ができます。

 

介護職員初任者研修では、通信講座でも必ず実技講座があります。

 

とくに介護を実際におこなった経験がない方には、とても勉強になりますからおすすめです。

 

介護職は資格無しでも就職できますが、全く何も知らない状態で介護の現場に入るよりも少しでも介護知識を持った上で就職した方が楽しく働けます。

 

ゆくゆくは介護福祉士の資格も取りたいと考えている方にも、介護職員初任者研修は取得しておいて損はない資格です。

 

 

 

 

介護職未経験でも採用される?

介護職の転職で心配なことのひとつに、介護職員としての経験の有無もあげられます。

 

介護の仕事では即戦力になるような人が求められがちですから「未経験だと採用は難しいのかも?」こんな風に思ってしまいます。

 

では、実際のところはどうかというと、介護職未経験の場合には「採用されるかもしれませんが、いきなり正職員としての採用は難しいかもしれません」。

 

例えば、新卒者で介護の学校に通っていたというのなら、未経験でも正職員として採用されることがあるかもしれません。

 

しかし、他業種からの介護職への転職の場合には、パートか契約社員からのスタートとなることが多いようです。

 

ただ、スタートはパートや契約社員でも、やる気や働きを評価されて正職員へと登用されることもあります。実務経験を3年積み介護職員実務者研修を修了すれば、介護福祉士の受験資格も得られます。

 

本気で介護の仕事に携わりたいのなら、まずは3年頑張ってみる。そんな覚悟で取組むのが良いかもしれません。

 

また、秋口から5月位までは新卒者の応募が多く、未経験者可の職場でも介護福祉士の資格を取得した人が採用されることが多いです。

 

6月以降になると新卒者の応募がひと段落して、一般の人でも採用されやすくなります。

 

介護職への転職を考えているなら、応募時期も工夫した方が良いかもしれません。

 

そして、同じ未経験者でも、全く介護関連の資格がない人と資格を持っている人では、資格を持っている方が有利です。

 

介護職として働きたいなら、せめて介護職員初任者研修は取得しておいた方がいいかもしれません。

 

 

他業種から介護職への転職したい方のこんなお悩みを見つけました。参考にしてみてください。

 
できれば特養や老健で働きたいと考えていますが、未経験でこういった施設に就職するのは無謀でしょうか?
できれば常勤で勤務して徹底的に介護技術を学び、ゆくゆくは介護福祉士の資格を取りたいと思っています。

 

 
介護の仕事は、介護職員初任者研修を終了して、やる気があれば未経験でも採用されます。

安心してください。

また、年齢に関しても介護業界の場合にはあまり関係がありません。

実際に私は43歳で他業種からヘルパー2級を取得した後に老健へと就職しました。

その後、実務経験3年経過後に介護福祉士を取得して楽しく働いています。

ただ、就職は相対評価になります。

希望の求人に実務経験がある方が多く応募されていたら、実務経験がないあなたの採用は難しくなるかもしれません。

採用されるかどうかの決めては実務経験の豊かさだけではありませんが、介護の実務経験がないならそれ以外の部分で何かアピールできるものが必要になります。

例えば、あなたと同じように他業種から介護業界へと転職したある女性は、やる気に加えて、流通サービス業界に居た前職で習得したコミュニケーション能力やクレーム対応スキルなどをアピールして採用されました。

もちろんスキルだけではなく、人柄や雰囲気も採用される際の重要なポイントになりますから、明るい雰囲気で面接官に一緒に働きたいと思ってもらえるように受け答えすることも大切です。

 

 

 

介護職には無資格、未経験でも採用される可能性は有り、しかし、「介護職員初任者研修」は取得しておくほうが得!

介護職に就くには資格が無くても、介護職員としての経験が無くても働くことができます。

 

しかし、まったくの無資格、未経験の状態では、採用されたとしても覚えることが多すぎたり、仕事がなかなか上手くこなせず落ち込むことが多々あったりと、辛いことが多く挫折してしまうこともあります。

 

あらかじめ基礎程度の知識があれば随分と心と身体の負担が軽減します。

 

やはり、できれば介護職の基礎知識が習得できる「介護職員初任者研修」の資格程度は取得しておきたいところです。

 

「介護職員初任者研修」を取得するには、「介護職員初任者研修」の通信講座か通学講座を受講し、筆記試験に合格すれば取得できます。

 

資格の取得までの期間は、通信講座で3~4ヵ月程度、通学講座なら最短で1ヵ月で取得できます。

 

ただ、「介護職員初任者研修」では、実習が必須となっています。

 

そのため、通信講座の場合には、受講期間中に15~16日程度のスクーリングがあります。

 

通信講座で受講する場合には、スクーリングに通いやすいかどうかも考慮して決めるとよいでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

広告

スポンサードリンク

サイト内検索
最近の投稿
タグ
カテゴリー