風邪 部屋 除菌

れふぁブロ

風邪やウイルスが気になる。。部屋を除菌する方法は?


基本 CMYK

 

風邪引きさんが増える季節になると、菌やウイルスが気になりますね。

 

風邪が厄介なのは、家族で一人が罹ると次々と移ってしまうところだったりします。

 

風邪は深刻な病気というわけではありませんが、罹ると結構体力的に辛い状態が続きます。

 

できるだけ罹らないように予防していきたいものですね。

 

風邪のような菌やウイルスによる病気を予防するには、除菌が役立ちます。

 

手を小まめに洗ったり、うがいをしたりといった除菌も大切ですが、やはり手っ取り早いのは部屋そのものを除菌してしまうことです。

 

部屋を効率良く除菌するにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

風邪予防に部屋の除菌を考えているなら「次亜塩素酸」の活用がおすすめ

風邪予防のために部屋の除菌を考えているのなら、「次亜塩素酸」の活用を検討してみるといいかもしれません。

 

次亜塩酸には、その強い酸化作用で「菌やウイルスを除菌する作用」「気になるニオイの元を分解消臭する作用」「花粉などのアレル物質を除去する作用」が期待できます。

 

強い酸化作用と聞くと心配になりますが、次亜塩素酸は「肌と同じ弱酸性~中性の性質」で刺激を感じにくいという特徴があり、赤ちゃんやペットがいても安心して使えます。

 

また、次亜塩素酸は、医療施設や介護施設での除菌、水道水の浄化やプルーの除菌、食材の洗浄などにも利用される安全な除菌成分です。

 

実際に、次亜塩酸を噴霧器を活用している人の口コミを見てみると、「風邪をひきにくくなった」「子供が小さいので予防として使っています」「ペットのおしっこのニオイが気にならなくなった」といったものがあります。

 

お部屋をクリーンにしたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

次亜塩素酸でお部屋を除菌できるアイテムを見てみる>>

 

 

次亜塩素酸を利用した除菌グッズにはこんなものがある

次亜塩素酸を利用した除菌グッズには、

 

「原液を希釈して、スプレーや噴霧器に入れて噴霧できるもの」

「希釈せずにそのまま噴霧器に入れて部屋を除菌するもの」

「次亜塩素酸を発生させる清浄機」

「水と塩で次亜塩素酸を発生させてスプレーするもの」

 

などがあります。

 

次亜塩素酸で除菌できるものは色々と販売されていますから、生活スタイルに合わせて選んでみると便利です。

 

例えば、希釈して使うタイプのものは、希釈倍数によって除菌強度を調整することができます。

 

このことから、希釈して使うタイプのものは部屋全体を除菌するだけではなく、スプレーに入れて様々なものを除菌したい方におすすめになります。

 

希釈倍数によっては、哺乳瓶の消毒にも使えます。

 

また、手軽に部屋全体を除菌したいなら、「希釈せずに噴霧できるもの」や「次亜塩素酸を発生させる清浄機」が手軽で便利です。

 

なるべく節約したいという場合なら、「水と塩で次亜塩素酸を発生させてスプレーするもの」が初期費用がかかりますが長い目でみればお得かもしれません。

 

次亜塩素酸でお部屋を除菌できるアイテムを見てみる>>

 

次亜塩素酸を利用している方の口コミ

 
うちには娘が3人いて、毎年、長女が感染性胃腸に長女がかかります。長女が感染性胃腸にかかると、必ず下の娘達にも移っていましたが、今年は次亜塩素酸のおかげで移りませんでした。友人にこの話をすると早速購入したみたいで、友人宅でも良い結果が得られたようです。

 

 
毎年、寒い時期には必ず風邪をひいていましたが、部屋に次亜塩酸を噴霧器でまくようになってからは風邪知らずです。部屋の空気もフレッシュに感じられます。寝室でも利用していますが、これを使うとなぜか良く眠れるような気がします。

 

 
子供が胃腸炎になり他の家族に移っては大変と次亜塩素酸水を部屋中にスプレーしたところ、なんとか移らずに済みました。また、次亜塩素酸水には消臭効果もあるということなのでタバコの臭いが気になる夫の車に夜にスプレーしてみたら、翌朝には臭いが無くなっていました。

 

 
猫を4匹飼っています。猫のトイレの臭いが気になっていましたが、すっかり消えて快適に暮らせるようになりました。

 

 
今まで色々な消臭グッズを試してきましたが、次亜塩素酸を部屋に噴霧してみたら犬の臭いが消えました。もっと早く知りたかった!

 

 

次亜塩素酸でお部屋を除菌できるアイテム

次亜塩素酸 バイバイ菌

バイバイ菌 次亜塩素酸 スターター2点セット

希釈して使うタイプの次亜塩素酸です。

もちろん原液のまま使うこともできます。

 

使用例は次の通りです。
↓↓

    • 原液・・汚物入れや吐しゃ物、オムツ、ペットのトイレの対策に
    • 2.5倍の希釈・・キッチングッズ・お風呂のお手入れ、洗濯物の生乾き臭の予防に
    • 5倍の希釈・・車内やリビング、トイレの床・壁のお手入に、タバコ臭や下駄箱の臭い対策に
    • 10倍の希釈・・噴霧器での散布、哺乳瓶・おもちゃ・介護用品・ペット用品のお手入などに

部屋全体の除菌なら、10倍の希釈ですみます。意外と経済的です。

 

ただ、噴霧する場合には、専用の超音波噴霧器を購入する必要があります。

 

・バイバイ菌と噴霧器のセット

次亜塩素酸 バイバイ菌 高濃度500ppm 大容量2500mL 超音波噴霧器 パーフェクトセット

 

・バイバイ菌 専用 超音波噴霧器

バイバイ菌 専用 超音波噴霧器

 

ジアコ



↑↑詳しく見てみる↑↑

 

希釈不要で、原液をそのまま噴霧器に入れて使います。

薄める必要がないので、手間がかかりません。

 

ジアコはウォーターサーバーで有名なクリクラが提供するサービスです。

 

ウォーターサーバーのように定期的に原液が届きます。

噴霧器は無料でレンタルできるので安心です。

 

ジアコでは無料お試しキャンペーンを行っています。

次亜塩素酸の噴霧に興味がある方は、お試ししてみてはいかがでしょうか。

 

パナソニック ジアイーノ

パナソニック 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 ジアイーノ ~15畳 ステンレスシルバー F-MV3000-SZ

 

次亜塩素酸を発生させ、空気を除菌する清浄機です。

 

次亜塩素酸を清浄機内部で発生させ、「本体内部での除菌」と「本体外部での除菌」のダブル除菌でお部屋の空気を綺麗にしてくれます。

 

ジアイーノが空気を除菌して綺麗にするメカニズムは、本体内部で次亜塩素酸を発生させ吸い込んだ空気を本体内部で除菌、その後、次亜塩素酸を綺麗になった空気とともに空気中に揮発させてお部屋全体を除菌します。

 

除菌・ウイルス抑制・脱臭効果が期待できます。

 

ジアポケット(ZIA pocket)



↑↑詳しく見てみる↑↑

 

家庭にある水と塩を入れるだけで、約180ccの次亜塩素酸水が3分で作れます。

 

本体価格が18,144円(税込み)と高額ですが、一度購入すれば繰り返し使えるので経済的です。

 

スタイリッシュなボトルで、見た目も素敵です。

 

出来た次亜塩素酸水は、そのままボトルがスプレーになっているので除菌・消臭スプレーとして使えます。

 

 

次亜塩素酸と二酸化塩素、どちらがおすすめ?

部屋を除菌できるアイテムとしては、上記でご紹介した「次亜塩素酸」を使ったものの他に、「二酸化塩素」を使ったものもあります。

 

「二酸化塩素」を使った除菌グッズとしては、ドラッグストア等でも入手しやすい「クレベリン」が有名です。

 

「次亜塩素酸」と「二酸化塩素」は、どちらも菌やウイルスを酸化させて除去してくれる効果が期待できます。

 

機能面だけを見ればどちらも同じ効果が得られるものになります。

 

では、一体「次亜塩素酸」と「二酸化塩素」ではどちらがおすすめなのでしょうか?

 

お値段的には「二酸化塩素」のクレベリンがお手頃な価格で利用しやすいというメリットがありますが・・。

 

肌に優しいのは「次亜塩素酸」、除菌力が強いのは「二酸化塩素」

肌に優しいのは弱酸性の「次亜塩素酸」になります。

除菌力が強いのは「二酸化塩素」です。

 

二酸化塩素は次亜塩素酸の約2.5売程度の除菌力があり、その分、次亜塩素酸よりも刺激が強くなります。

 

人によっては、二酸化塩素で眼やノド等の粘膜に刺激を感じることもあります。

 

また、ニオイが強く感じられて、部屋にいるのが苦痛となることもあるようです。

 

このことから、「子供がいる」「部屋が狭め」「肌が敏感」という場合には、「次亜塩素酸」の方がおすすめかもしれません。

 

次亜塩素酸は二酸化塩素に比べると除菌力がマイルドということはありますが、次亜塩素酸を利用されている方の口コミを見てみるとその効果に満足されている方も多いです。

 

最近の住宅は気密性が高い建物が多く、部屋がこもりがちです。

 

気密性が高い住宅では、二酸化塩素では辛く感じられることもあるかもしれません。

 

次亜塩素酸でお部屋を除菌できるアイテムを見てみる>>

 

 

まとめ

部屋の除菌には、次亜塩素酸が役立ちます。

 

次亜塩素酸を活用した除菌グッズには色々なものがありますから、使いやすいものを選んでクリーンなお部屋を実現してみてください。

 

また、部屋の除菌には、換気も効果的です。

 

たまには窓を開けて新鮮な空気を取り入れるようにしてみると、お部屋の空気をより綺麗に維持できます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

広告

スポンサードリンク

サイト内検索
最近の投稿
タグ
カテゴリー