れふぁブロ

スムージーの効果は?おすすめの飲み方は?


080264

 

グリーンスムージーをはじめとするスムージーは、そのヘルシーさから美容や健康に良いと人気ですね。

 

実際に美容や健康のために飲んでみようと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

漠然とスムージーには美容や健康に良いという印象がありますが、具体的にどんな効果が期待できるのでしょうか。

脂漏性角化症・首イボにハトムギは効果ある?


105768
ハトムギは、イボなどの肌のトラブルの改善に効果があると言われていますね。

 

実際に、ハトムギを使ったお茶やコスメが、肌トラブルに効果あるとして販売されていたりします。

 

脂漏性角化症は他人に移ることはありませんが、これもやはり老人性いぼとも呼ばれるものでイボの一種です。

 

ある程度の年齢になると、首やデコルテ、顔などにポツポツと出てきて、しかも、放置しているといつの間にかどんどんと増えてしまったりしてなかなか厄介なものだったりします。

 

さらに、脂漏性角化症は老化現象のひとつであるため、改善に向けて対策しなければ自然治癒することはないと言われていたりもします。

 

ハトムギは比較的手軽に購入しやすいアイテムだったりしますから、もし、これで脂漏性角化症が改善できるのなら嬉しいところですね。

 

脂漏性角化症の改善にハトムギは効果があるのでしょうか?

口の中が乾く。。その原因は?


 

080710
「水分補給してもすぐに口の中が乾く。。」

こんな状態でお困りの方も増えてきていますね。

 

口の中が乾きやすい状態だと、口の中の違和感が気になるだけではなく、虫歯や口内炎、舌の痛み、口臭と様々な不快な症状や病気を引き起こす原因となりますから、なんとか改善していきたいものです。

 

口の中が乾きやすい症状は、ある日突然、乾きやすくなることも多かったりします。

口の中が乾きやすくなる原因としては、どんなことがあげられるのでしょうか?

逆流性食道炎の原因は?※食生活習慣の影響が意外と大きかった


293877

 

逆流性食道炎は、胸やけや酸っぱいものが込み上げてきたり、胸のあたりにチリチリとした痛みがしたりと、不快な症状が続くのが辛いところですね。

 

しかも、厄介なことに、薬を飲んでもなかなかスッキリと改善されないことも多かったりします。

 

何ごとも問題を解決するには、まずはその原因を知ることが大切だったりしますから、逆流性食道炎についても、まずはその原因を知り、対策することが辛い症状の改善に大きく貢献してくれます。

 

逆流性食道炎でお悩みの方も、逆流性食道炎かも?と心配な方も、こんなことに思い当たらないかチェックしてみてくださいね。

ローヤルゼリーとプロポリスの違いは?※全く違うものだった


045711

ローヤルゼリーとプロポリスはどちらもミツバチが作りだしてくれるもので、なんとなく似たイメージがありますね。

 

でも、そこはローヤルゼリーとプロポリスと名前が違っているのですから、やはり、何か違いがあるはずです。

 

ローヤルゼリーとプロポリスには、どんな違いがあるのでしょうか?

ローヤルゼリーの効果は?※女性にお勧めなのには理由があった


22-1
ローヤルゼリーは、女性の健康や不調の改善に役立つ物だと言われていますね。

 

確かに、ローヤルゼリーはミツバチが作り出す高栄養食といった印象がありますから、体をすごく健康に導いてくれそうな感じがします。

 

実際のところ、ローヤルゼリーにはどんな効果が期待できるのでしょうか?

美しい手を目指す!自宅でできるハンドケア


213328
手と首は、年齢を隠せないとよく言われていますね。

 

実際に、顔は若く見える方もでも、手や首はシワやシミが多かったり、筋ばった印象で如実に実年齢を表していたりします。

 

人は老いるものとはいえ、やはり、少しでも長く若々しく綺麗でいたいものです。

いつまでも若々しい美しい手を目指し、維持するにはどんなハンドケアをしていけばいいのでしょうか?

ケイ素(シリカ)の効果は?肌・髪・爪が気になる方には必須だった


22-1

 

ケイ素(シリカ)は、海外セレブやモデルの間でも注目されている美容成分です。

日本でも美のミネラルとして認知されつつあったりします。

 

もし、あなたが色々と食事や生活習慣など色々と対策しているのにもかかわらず、肌の調子が悪かったり、髪が抜けやすかったり、爪が割れやすかったりといった不調を感じているようなら、ひっとするとケイ素(シリカ)不足が原因のひとつかもしれません。

 

花粉症の症状を緩和する方法は?※体に優しい方法で対策できる


113398

 

 

花粉が飛ぶ季節は本当に憂鬱になりますね。。

 

目のかゆみや鼻づまり、鼻水、頭痛などなど、様々な不調が辛いのとともに頭がボーとして集中できなくなるのも困りものだったりします。

 

花粉が気になる季節は数か月続きますから、できるだけ辛い症状を緩和して乗り越えたいものですね。

免疫力を高める方法は?腸・体温・ストレス管理が大切だった


015630
免疫力が低下すると病気に罹りやすくなったり、アレルギー症状がひどくなったり、疲れがとれにくくなったりと、いい事がなにもありませんね。

 

免疫力は20代をピークとして、その後は加齢とともにどんどん低下していきます。

 

50代になるとピーク時の約半分程度に落ち込んでしまうとも言われていますから、免疫力を少しでも高められるように対策をして、いつまでも元気に快適に暮らせるようにしたいところですね。