睡眠 疲れる

れふぁブロ

睡眠をしっかり取っても疲れる。。その意外な原因は?


045132
睡眠時間をしっかり取ってるのになんだか疲れる。。こんな状態でお困りの方も多いですね。
しっかり眠っているつもりなのに疲れがとれないって一体どういことなのでしょうか?

 

少し調べてみたところ、眠っても疲れが取れないのにはちょっと意外な原因がありました。

 

それは何かというと、就寝中に体に知らず知らずのうちに力が入り、十分にリラックスできないために、ぐっすり眠れないことがあるということなのです。

 

 

確かに、体に力が入った状態で眠ると、肩こりや腰痛などの原因になるだけではなく、睡眠の質を下げてしまい眠ったのに疲れが取れない。。ということになります。

 

では、どんな方が睡眠中に体に力が入ってしまいがちなのかというと、こんなことが気になる方です。

↓↓

    • 精神的な緊張や不安、心配事がある
    • パソコンでの作業が多い
    • 姿勢が悪い

 

これらに心当たりがある方は知らず知らずのうちの体に力が入ったまま眠っているかもしれません。

 

ぐっすりと眠るためにはなるべくリラックスして眠ることが大切ですから、就寝前にリラックスできる対策を取り入れてみるとぐっすりと眠りやすくなるかもしれません。



スポンサードリンク




具体的にどんなことがぐっすりと眠るのに役立つのかというとこちらです。
↓↓

    • 部屋の照明を暗くして、明るい光を見ない
    • 瞑想で心を落ち着ける
    • 就寝1~2時間前程度にぬるめのお湯で入浴
    • 15分程度のヨガ
    • アロマテラピー など

 

部屋の照明を暗くして、明るい光を見ない

 

明るい光は緊張時に優位になる自律神経の交感神経を刺激して精神を高ぶらせて、熟睡しにくくなります。

 

ぐっすり眠るためにはリラックス時に優位になる副交感神経の働きを高める必要がありますから、就寝1時間前程度になったら部屋の照明を暗くして交感神経を刺激するような明るい光を見ないようにするのがおすすめです。

 

交感神経を刺激するような明るい光は意外と身の回りに多く、例えば、スマホやパソコン、テレビなども交感神経を高ぶらせる明るい光になります。

 

 

瞑想で心を落ち着ける

 

瞑想は最近ではマインドフルネスとも呼ばれていて心が落ち着き、癒されると言われているものです。

 

本当の瞑想を行うのは難しいといわれていますが、瞑想時に行う呼吸法を取り入れるだけでも随分と心が落ち着きます。

 

瞑想についてはこちらの本が参考になります。
↓↓

始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)

 

 

就寝1~2時間前程度にぬるめのお湯で入浴

 

体温が上がり、急激に下がることで眠気を感じるようになります。

就寝する1~2時間前程度にぬるめのお湯に浸かり、身体をしっかりと温めましょう。

 

 

15分程度のヨガ

 

就寝前に15分程度のヨガを行うのもおすすめです。

 

ヨガを行うと、1日の活動で疲れた筋肉をほぐせたり、呼吸法で精神を落ち着けたり、血流を促せる効果があり、心身ともに眠りにつきやすい状態へと導いてくれます。

 

就寝前のヨガのポイントは、この2つが大切になります。
↓↓

    • 15分程度にしておくこと
    • 身体を冷やさない格好で行うこと

 

また、就寝前にヨガを行うと代謝もUPさせることができるためダイエットにも役立つということです。

就寝前のヨガについてはこちらの本が参考になります。
↓↓

【DVD付き】 心もカラダもすっきりリセット! 朝ヨガ&夜ヨガ (TJMOOK)

 

 

アロマテラピー

 

アロマテラピーには精神を落ち着けてくれる効果が期待できます。

 

安眠に役立つアロマオイルとしては、オレンジ・スィートやクラリセージ、ラベンダー、ネロリなどがあげられます。

 

好きな香りのアロマオイルを使った方がより効果があるということです。

 

 

また、猫背や普段から姿勢が悪いなぁと感じている方は、なるべく姿勢を正せるようになるとぐっすりと眠れるようになるかもしれません。

 

というのも、普段の姿勢が悪いと就寝中の姿勢も悪くなり、睡眠時に身体に余計な力が入ったり、内臓の働きが悪くなることで熟睡できなくなったりすることがあるからです。

 

姿勢を正すのは一朝一夕に改善はできませんが、少しずつでも正しい姿勢でいられるように練習していくといいかもしれません。

 

姿勢はクセのようなものですから、少しずつ良くしていくしかありません。

 

また、姿勢を正すには簡単なストレッチも役立ちます。

例えばこんな方法を試してみてください。
↓↓
床にあおむけに横たわり手を頭の上に伸ばした状態でコロコロと横に転がります。

 

ただコロコロと横に転がるだけですが、これで骨格の簡単なゆがみは解消できるのです。

 

「あれ?今日ちょっと腰が痛い。。」と感じる時などにやってみると不思議と腰痛が解消できたりします。

 

慢性的な腰痛には効果がないかもしれませんが、寝方が悪くて腰が痛い。。といった場合にはわりと効果があります。コロコロ転がった後は、なぜか体が軽く感じられます。

 

しかし、姿勢を正すのには時間がかかります。ぐっすり眠れないのが辛い場合には寝具を変えてみるのもおすすめです。

 

最近では就寝時の体圧を分散してくれるマットレスが販売されています。こういったマットレスを活用すれば随分と体の負担が軽減できます。

 

体圧を分散してくれるマットレスには高反発のものと低反発のものがありますが、どちらがいいというものではありませんから好みで選んでみましょう。一般的には、痩せ体型で小柄な女性は低反発が、体格が良く大きい方は高反発がおすすめだとされています。

 

高反発タイプのおすすめのマットレスです。
↓↓

↑↑詳しくは画像をクリック↑↑

 



スポンサードリンク




色々やってみても疲れやすい状態が続くなら、これが原因かもしれません。

 

色々やってみても疲れやすい状態が続くなら、その原因は酵素不足かもしれません。

 

酵素というと、最近では代謝UP効果が期待できるためダイエットにいいと痩せたい方に人気のアイテムですが、実は、酵素は疲労回復や体質改善にも役立つものなのです。

 

人の体内には、大きく分けて消化酵素と代謝酵素の2つがあります。

 

消化酵素は食べ物を体が吸収しやすいように小さく消化する働きがあり、代謝酵素は栄養をエネルギーに変えたり、呼吸や運動、自然治癒など人の生命活動のあらゆるところで作用し生きていく為には欠かせないものです。

 

この体内酵素が不足すると、栄養が上手く吸収できなくなったり、毒素が体内に溜まりがちになったり、内臓が上手く働けなくなったりして様々な体調不良を引き起こします。

 

病気ではないけれど、なんとなく体調不良といった場合には、酵素不足がその原因の一つであることも多いです。

 

体内酵素は、加齢やストレス、飲酒や喫煙、暴飲暴食などで減ってしまいますから、酵素を外から積極的に補給して、酵素を減らさない食生活をおこなうことが大切になります。

 

酵素は、生の野菜や果物、発酵食品などに豊富に含まれていますが、外から効率良く補給するには酵素ドリンクやサプリメントを活用するのが便利です。

 

なかでも、特に酵母も含まれているものを選ぶのがおすすめになります。酵母には酵素を生み出す働きがありますから、酵素だけのドリンクやサプリメントよりも効果的に体内酵素を増やすことができるのです。

 

おすすめの酵素ドリンクを見てみる>>

 

 

おすすめの酵素サプリメントを見てみる>>

 

 

 

酵素ドリンクやサプリメントは体臭が気になる方にもおすすめの食品です。

 

実は、酵素ドリンクやサプリメントは体臭が気になる方にもおすすめの食品になります。

 

なぜ酵素が体臭の改善に効果があるのかというと、酵素を摂ることで内臓の働きが良くなるからです。

 

体臭が出てしまう原因にはさまざまありますが、疲労や酵素不足により内臓の働きが悪くなることが原因で体臭がでてしまうことがあります。

 

仕事が忙しくていつも疲れている方やいつもなんとなく体がしんどい方で体臭が気になるようなら、それは酵素不足により内臓が上手く働けないために出ているものかもしれません。

 

色々と体臭対策をしてみてもなかなか改善しない体臭でお悩みなら、酵素ドリンクやサプリメントを試してみてくださいね。

 

おすすめの酵素ドリンクを見てみる>>

 

 

おすすめの酵素サプリメントを見てみる>>




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング