湿布 腰痛 効果

れふぁブロ

湿布の腰痛への効果は?※貼るカイロの方がいい場合もある


0-27

 

腰痛があると痛いし、行動が制限されるしといいことありませんね。

とくに酷い痛みはできるだけ早く改善してしまいたいところです。

 

痛みのケアというと、湿布が思い浮かびますが、湿布で腰痛を軽減させることはできるのでしょうか?

 

 

 

湿布の腰痛への効果は?

 

湿布には消炎鎮痛剤が含まれているため、痛みの緩和には役立ちます。

 

一般的に急性の痛みには冷湿布が、慢性的な痛みには温湿布がよいとされています。

 

ただ、湿布には体を温めたり冷やしたりする効果はありません。

 

冷湿布を貼ると冷たく感じるのはメントールが配合されているためですし、温湿布で温かく感じるのは唐辛子成分などが配合されているためです。

 

そのため、痛みを軽減したいという目的には湿布は役立ちますが、患部を冷やしたいとか温めたいという場合には他の方法をとった方がより効果的かもしれません。



スポンサードリンク




湿布を過信すると危ない?

 

湿布は貼ると、その鎮痛効果により一時的に痛みが和らぎます。

 

急性のものであれば冷湿布を活用して、とりあえず痛みを軽減してやり過ごすのもいいかもしれません。

 

しかし、慢性的な腰痛の場合には、温湿布でケアするよりも、貼るカイロなどを活用して患部を温める方がいい場合もあります。

 

というのも、湿布を貼ると、その鎮痛剤の作用により患部が痛みの根本原因の修復をストップしてしまうからです。

 

慢性的な痛みは血流不足に起こっていることが多く、痛みは体が血流を促して患部を修復しようとするためにプロスタグランジンという炎症を起こす物質を増加させているためだったりします。

 

痛みは風邪の時に熱がでるのと同様に、体が腰痛を改善しようと戦っている証だともいえます。

この痛みを湿布の鎮痛剤で静めてしまうと、体の修復作業がその間ストップしてしまいます。

 

こういった状況は一時的には痛みが和らぎいいかもしれませんが、長い目で見ると何も改善されないということになります。

 

結局のところ、慢性的な腰痛の痛みは様々な要因により血流が悪化することにより発生していることが多いですから、痛みは軽減しないかもしれませんが患部を温めて血流を促してあげることで本格的な改善を促せる可能性が高くなります。

 

実際にある整骨院では、慢性的な痛みで悩んでいた方が湿布をやめて貼るカイロで温めるようにし始めたところ、痛みを感じることが少なくなってきたという事例もあります。

 

ただ、慢性的な痛みでも耐えがたいような激痛の場合には、カイロで温めるのは止めておきましょう。

 

 

 

軽度の腰痛なら横になる休むだけで改善する

 

軽い腰痛なら、横になって休むだけでも自然に改善してきます。

無理に湿布を貼らずに自然治癒に任せてみるのもおすすめです。

 

ただ、寝姿勢によっては腰痛が酷くなることもあります。

 

とくに敷布団で腰が沈み込んでしまっているものを使っていると、寝返りがしにくくなり、腰に負担がかかって腰痛を酷くしてしまうこともあります。

 

腰痛を繰り返しがちな方は、寝具のうち敷布団は腰に負担がかからないものを選ぶようにしておくのがおすすめです。

 

腰痛が気になる方におすすめの敷布団を見てみる>>




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング