ケイ素 効果

れふぁブロ

ケイ素(シリカ)の効果は?肌・髪・爪が気になる方には必須だった


22-1

 

 

ケイ素(シリカ)は、海外セレブやモデルの間でも注目されている美容成分です。

日本でも美のミネラルとして認知されつつあったりします。

 

もし、あなたが色々と食事や生活習慣など色々と対策しているのにもかかわらず、肌の調子が悪かったり、髪が抜けやすかったり、爪が割れやすかったりといった不調を感じているようなら、ひっとするとケイ素(シリカ)不足が原因のひとつかもしれません。

 

 

 

ケイ素(シリカ)の効果は?

 

ケイ素(シリカ)は、亜鉛や鉄などと同様に必須ミネラルの一種です。

 

皮膚や骨、髪、血管などのさまざまな箇所に含まれていて、肌の弾力や血管のしなやかさなどに欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどを構成する物質として存在し、人の体の組織と組織をつなげる役割があります。

 

このことから、肌の保湿や弾力、皮膚や骨、爪、髪の成長促進や再生をサポートする働きがあり、美肌や健康、丈夫な骨や爪を育むためには欠かせないミネラルだとされています。

 

具体的にケイ素(シリカ)どんな働きがあるのかというと、例えば肌においては弾力を保つのに欠かせないエラスチンや潤い成分のヒアルロン酸を結びつけたり、コラーゲンの再生をサポートしたりして肌の潤いや弾力を保つ働きがあったり、骨についてはケイ素にはカルシウムの体内での吸収を良くする働きがあるため、丈夫な骨作りに役立つといった効果が期待できます。

 

実際に世界の長寿の村の水にはケイ素(シリカ)が多く含まれていることが明らかになっていますし、骨粗しょう症の研究においても、骨を丈夫にするためにはカウシウムを摂るだけではなくケイ素(シリカ)を摂ることが重要であることが明らかになっています。

 

また、研究により、外見や身体の老化現象にケイ素(シリカ)不足が関与していることも明らかになっています。

 

ケイ素(シリカ)は、アンチエイジングや健康が気になる方にとっては注目すべき成分であると言えそうです。

 

ケイ素(シリカ)に期待できる効果

    • 肌のハリや潤いを保つ
    • 爪を丈夫にする
    • 髪にツヤやコシを与える
    • 骨の形成を助けて丈夫な骨を作る
    • 軟骨の生成、関節の動きを助ける
    • 歯のエナメル質を強化、虫歯を予防
    • 血管の弾力性を維持、血液の温度を保つ



スポンサードリンク




ケイ素(シリカ)は加齢により減少しがちになる

 

ケイ素(シリカ)には、皮膚や骨、爪、髪の成長促進や再生をサポートする働きがありますから、これが不足すると肌にハリや瑞々しさが無くなったり、骨や爪が弱くなったり、髪がパサついたり、抜けやすくなる原因となることがあります。

 

そのため、美肌や健康、丈夫な骨や爪を保っていきたいなら、ケイ素(シリカ)が不足しないようにしていくことが大切になります。

 

しかし、ケイ素(シリカ)は、特別に心がけて補給していかなければ、加齢によりどんどんと減少しがちになる成分になります。

 

なぜなら、ケイ素(シリカ)は、食べ物から補給しづらい上に、体内で作ることもできず、そして、毎日少しづつ消費されてしまうという成分だからです。

 

ちなみに、ケイ素(シリカ)は、20歳をピークに体内での量が減少しがちになっていくということです。

そして、成人では1日あたり、10~40mg程度消耗されていきます。

 

 

 

ケイ素(シリカ)を補給するには

 

ケイ素(シリカ)は食物繊維に多く含まれています。

 

そのため、ケイ素(シリカ)が摂れる食べ物としては、食物繊維の多い玄米やアワ、ヒエなどの穀類やジャガイモなどのイモ類、海藻類、豆類などがあげられます。

 

ただ、ケイ素(シリカ)は食物繊維の形のまま摂取すると体内で吸収されにくいですから、水溶性にして摂ることがポイントになります。

 

ケイ素(シリカ)を水溶性にするには、野菜などはじっくりと煮込むことで溶けだして水溶性のケイ素(シリカ)になります。

 

野菜だけではなく、煮汁もスープなどの形で摂るようにしてみましょう。

 

ただ、食べ物からケイ素(シリカ)を十分に効率良く補給することは難しかったりしますから、ケイ素(シリカ)を十分に補給したいならケイ素(シリカ)入りの水やサプリメントを活用してみるのがおすすめです。

 

ちなみに海外ではコラーゲンそのものを補給よりもケイ素(シリカ)を摂って、体内でのコラーゲン生成を促すことが主流となっています。

 

実際にミランダ・カーやキャメロン・ディアスなどのハリウッドセレブもケイ素(シリカ)水を活用しています。

 

ケイ素(シリカ)は、毎日1日あたり10~40mg程度消耗されていきますから、ケイ素(シリカ)不足に陥らないためには1日あたり10~20mg程度補給していくのがおすすめになります。

 

アンチエイジングや健康のためにケイ素(シリカ)を活用してみてくださいね。



スポンサードリンク




おすすめのケイ素(シリカ)水

 玉肌シリカ天然水

シリカ水を試してみたい方におすすめ!
500円でお試しできるシリカ天然水

 

本格的なシリカ水を試してみたい方におすすめです。

 

こちらでは500ml入りのシリカ水が3本500円(税込・送料無料)でお試しできるセットがあります。

 

玉肌シリカ天然水は、世界トップクラスのシリカ含有量で、97mg/Lも含まれているということです。

 

この97mg/Lのシリカ含有量というのは、1日に失われるシリカをしっかりと補える量だそうです。

 

しかも体に吸収されやすいようにイオン化されていますから、シリカ水を試してみたいかにおすすめです。

玉肌シリカ(ケイ素)天然水
■内容量 ■価格
お試しセット:500ml×3本 500円(税込・送料無料)
飲んだ瞬間に体に染み渡るのがわかります。ラベルがかわいいのもいいですね。(Nさん 40代)

 フィジーウォーター

海外セレブ御用達の水!
フィジー産のケイ素(シリカ)天然水です

 

こちらは完全無添加のフィジー産のナチュラルミネラルウォーターです。

 

海外セレブの愛用者も多く、ケイ素(シリカ)が1000mlあたり92mg含まれています。

 

内容量サイズもいろいろとありますから、飲みやすいサイズのもを選んでみるといいかもしれませんね。

 

フィジーウォーターを見てみる>>

 

FIJI WATER(フィジーウォーター) 500ml×24本

1年ほど続けて飲んでいましたが、ここ2ヶ月程他の水に変えたところ、行きつけの美容師さんに髪のハリがなくなったと遠回しに言われました。止めてみるとシリカの効果が凄く分かり ます。あわててフィジーウォーター再開することにしました。(Aさん 40代)

 超濃縮ケイ素PF

2倍濃縮の超濃縮ケイ素!
少ない摂取量で効率良く摂れる
豊富な用途に使えるのも嬉しい

 

こちらは水溶性の超濃縮ケイ素です。

 

好きな飲み物に1日数回、5~30滴たらして飲むだけで手軽にケイ素が補給できます。

 

濃縮タイプのケイ素だから、化粧水や保湿クリームなどのコスメ加えて使うことも可能です。

 

ケイ素には抗酸化力もあるということです。

 

実際に超濃縮ケイ素PFを入れた水に釘を3ヶ月入れた実験を行ったところ、まったく錆びなかったということでした。

 

飲むだけではなく、様々な用途に使ってみたい方におすすめです。

cyounoukeiso
■内容量 ■価格
50ml(17~25日分)
200ml(70~100日分)
500ml(170~250日分)
50ml(17~25日分)/6,480円(税込)
200ml(70~100日分)/17,820円(税込)
500ml(170~250日分)/32,400円(税込)
ケイ素が歯周病にいいと聞いたので試してみました。いつも歯磨きの時にしみる箇所にケイ素を薄めた溶液をスプレーしてみたところ、嘘のようにしみなくなりました。他の歯を丈夫に してくれるかもしれないという期待もあるので、これからも続けていこうと思います。(Yさん 40代)




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング