大人 矯正 痛み

れふぁブロ

大人の歯列矯正痛みが心配。。痛くない矯正はある?


080710

最近では、大人になってから歯列矯正をしてみようと考えている方が増えていますね。

 

確かに、歯並びが綺麗だとそれだけで随分と印象が変わりますし、歯並びを矯正して噛み合わせが良くなると体調も良くなることもあると聞きます。

 

ただ、歯列矯正で心配なのが、痛みだったりしますね。

 

歯列矯正で痛みが酷い方だと、頭痛がおきたり、痛み止めがなければ過ごせない程痛くなることがあると聞きます。

 

痛みが酷いと日常生活にも影響を与えかねませんから、歯列矯正するにしてもなるべく痛みの無い方法で矯正したいものですね。

 

痛みのない歯列矯正法にはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

 

痛みが心配なら、マウスピース矯正がおすすめ

 

歯列矯正というと歯の表面や裏に器具を付けて矯正するものがポピュラーですが、実は、マウスピースを使った矯正法というものもあります。

 

そして、このマウスピースを使った矯正法は、歯全体をマウスピースで包み込み動かしていくため、歯の表面や裏に器具を付けて矯正するタイプのものよりも痛みが少ないというメリッ トがあります。

 

マウスピースによる歯列矯正は、イビザライン治療とも呼ばれています。



スポンサードリンク




マウスピース矯正のメリットは?

マウスピースによる矯正はそのネーミングの通り、歯にマウスピースを装着して歯を動かしていきます。

 

そのため、痛みが少ないだけではなく、見た目も矯正していることが目立ちにくくなります。

 

また、マウスピースなので自由に取り外しができるメリットがあり、食事や歯磨きの際に矯正装置の存在を気にする必要がありません。

 

歯列矯正中に困るのが、痛みの他に歯磨きがしにくいことだったりします。

 

歯並びを良くするためとはいえ歯の表面や裏に器具があると、食べ物が詰まりやすくなる上に本当に歯磨きがしにくいです。

 

歯磨きで食べかすが十分に取り除けないと、虫歯や口臭の原因ともなりますし。。

 

歯列矯正の期間は人それぞれ異なりますが年単位の時間がかかるのが一般的ですから、日常生活のしやすさは意外と大切です。

 

歯の表面や裏に器具をつけるタイプの歯列矯正をされた方の中には、痛みや器具のせいで発音しづらくなったり、舌を切ったり、歯磨きがしづらくなったりといったことが我慢できなく

 

なって途中で治療を止めてしまったという方もいます。

 

 

 

 

マウスピース矯正をするには?

マウスピース矯正は歯の表面や裏に器具を設置するワイヤー矯正よりも手軽に始められる印象がありますが、歯並びを綺麗に矯正するためには治療前の専門医の判断が重要になります。

 

そのため、クリニックを選ぶ際には、マウスピース矯正の治療経験が豊富な医院を選ぶことが大切になります。

 

歯列矯正治療を行っているクリニックでは、無料でカウンセリングしてもらえるところが多いですから、まずはカウンセリングを受けてドクターの説明を詳しく聞いてみましょう。

 

 

月額2万円程度からマウスピース矯正ができるクリニックです。

矯正についての相談は無料で受けられます。予約の上、相談してみてくださいね。

コスモルソ表参道

詳しくは画像をクリック

↓↓

インビザライン

 

 

 

矯正治療だけでなく、インプラント治療・セラミック治療・歯周病治療などの総合歯科治療が受けられるクリニックです。

精密審美歯科センター

詳しくは画像をクリック

↓↓

 

 

 

お住まい近くの矯正歯科を知りたいなら、こちらのサイトで探せます。
チェックしてみてくださいね。
↓↓




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング