生理前 イライラ ひどい

れふぁブロ

生理前のイライラがひどい。。予防する方法はある?


096958
「生理前になるとなんだかイライラする。。」こんな状態でお困りの方も多いですね。

 

精神的にイライラすると人に八つ当たりしてしまったり、物言い方がきつくなったりして、人間関係にヒビが入りそうになることも増えたりしますね。

 

実際に、いつも生理前に人間関係が悪くなるようなことを言ってしまったり、嫌われるような態度をとって失敗してしまう。。という方も多いのではないでしょうか?

 

やはり、他人に気分で当たってしまったりするのはよくありませんから、なんとか予防できるようにしていきたいところですね。

 

生理前のイライラを予防するにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

 

生理前のイライラの原因は?

 

イライラが起こる期間がいつも生理前の1~2週間前からで生理が始まると解消するという場合には、PMSであることが考えられます。

 

PMSとは月経前症候群と呼ばれるもので、生理前の3~10日の間、精神的、身体的不調が起こる続く症状です。

 

例えば、精神的な症状としてイライラや気分の落ち込み、不安感、注意力の低下などがあげられ、身体的な不調としては下腹部痛や頭痛、乳房の痛み、肌荒れ、むくみ、肩こりなどがあげられます。

 

PMSの特徴は、生理が始まると症状が解消されることです。

 

もし、あなたのイライラが生理前1~2週間前から起こり、生理が始まるのと同時に解消しているようなら、PMSかもしれません。

 

PMSと似た症状が出るものとしては更年期障害などもあげられますが、更年期障害の場合はPMSのように特定の期間だけ不調を感じるといったものではありません。



スポンサードリンク




生理前のイライラを予防するには?

 

PMSの症状は、ストレスや栄養バランスの悪い食事などで悪化しやすくなります。

 

ストレスを溜めすぎないように注意しながら、栄養バランスの良い食事を摂っていくことが大切になります。

 

とくにPMSの軽減には、鉄やビタミンC、ビタミンB群、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、ビタミンEなどを積極的に補給していくのがおすすめになります。

 

逆に控えた方が良いものとしては、炭水化物やお菓子類、砂糖など、血糖値が急激にあがりやすい食品です。

 

生理前は血糖値を下げるホルモンの分泌が低下するため、血糖値が急激に上がったり下がったりして不安定になり、この不安定さが精神にも影響を与えて精神的なPMSの症状を強くする原因となります。

 

また、PMSが起こる原因の一つとして、貧血もあげられています。

 

貧血というと私には関係がないと思われる方も多いかもしれませんが、実は、生理による出血が原因で潜在的な貧血になっていることも多いのです。

 

例えば、普段から、疲れやすかったり、頭痛やめまい、立ちくらみ、爪が割れやすいなどの症状がある方は潜在的な貧血になっている可能性があります。

 

これに加えてPMSが気になるようなら、潜在的な貧血があなたのPMSの原因かもしれません。

積極的に鉄分を食事やサプリメントで補給してみましょう。

 

 

おすすめの鉄分が取れるサプリメント

 美めぐり習慣

1日に必要な鉄分を手軽に補給!
しかも、吸収性に優れたヘム鉄が摂れる

1日に必要な鉄分が手軽に摂れるサプリメントです。

 

1日あたりの目安摂取量5粒で体への吸収性が良いヘム鉄が10mg補給できます。

 

また、ヘム鉄の他に、ビタミンCや葉酸、スピルリナなどが配合されていて、50種以上の栄養が補給できるメリットもあります。

 

ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、栄養不足が気になる方にもおすすめです。

美めぐり習慣を購入するなら
定期コースでの購入がおすすめです。初回66%オフの1,480円(税込・送料無料)で購入できます。こちらの定期コースはいつでも変更・キャンセルできるので安心です。
bimeguri
美めぐり習慣
■内容量 ■価格
1袋:150粒入り/約1ヶ月分 定期購入:1,480円(税込・送料無料)
通常購入:3,980円(税抜き)
いつもはだるい生理2日目ですが、今回はこのサプリを飲んでいるお蔭か気になりませんでした。元気に動けるのは本当にうれしいです。(Kさん 41歳)

 

 美力青汁healthy

芸能人で飲んでいる方も多い青汁!
豊富な葉酸、鉄分、ミネラル、オリゴ糖が摂れる青汁です。

美力青汁healthyは芸能人の方もよく飲んでいる青汁です。

 

こちらの青汁の特徴は、造血ビタミンとも呼ばれる葉酸が1杯で約100μgと鉄分、カルシウム、マグネシウム、オリゴ糖などの美容や健康に役立つ栄養成分が豊富に含まれているところです。

 

美味しく栄養を補給していきた方におすすめです。

mishi
■内容量 ■価格
1箱:30包/約1ヶ月分 定期購入:4,095円(税抜き・送料無料)※最低4回継続必要
通常購入:4,666円(税抜き)
今まで頭痛が酷く鎮痛剤が無いと不安でしたが、私にはピッタリだったみたいです。鉄分が摂れるのが嬉しいです。(Hさん 30代)



スポンサードリンク




あまりにもPMSの症状が辛い場合には

 

婦人科を受診して低用量のピルや漢方薬を処方してもうらうと、随分と楽になるかもしれません。

 

ピルを服用すると、卵巣ホルモンの変動を抑えることができ、PMSのさまざまな不調を改善してくれます。

 

ただ、ピルに関しては人によっては副作用が表れることもあるということですから、体質に合わないこともあります。

 

また、漢方薬についても、漢方薬を処方してくれる先生とそうでない先生がいますから、婦人科で必ず処方してもらえる物ではありません。

 

漢方薬を処方してもらいたいと考えているなら、あらかじめ漢方薬を処方してもらえるのかどうか確認しておきましょう。

 

また、漢方薬を購入する方法としては、直接、漢方薬を取り扱っている薬局で相談してみるのもおすすめです。




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング