ポリエステル 汗,ポリエステル 汗臭い

れふぁブロ

ポリエステルの服着ると汗臭い!その原因は?臭わないためのコツは?


 

ポリエステルは丈夫な素材で扱いやすいため、最近では多くの服に使われていますね。

 

女性の服だとワンピースやドレープ感のあるブラウスなどは、チェックしてみるとポリエステル100%素材のものであったりもします。

 

しかし、ポリエステルの服を着ると、「いつもよりも汗の臭いが気になる!」こんな風に感じている方も多いのではないでしょうか。

 

実は、「ポリエステル」と「汗の臭いが強く感じられる」ことには関係がありました。

 

ここでは、ポリエステルの服で汗臭く感じられる原因や臭わないためのコツについてご紹介しています。

 

 

ポリエステルの服を着ると、いつもよりも汗臭く感じるワケは?

 

ポリエステルの服を着るといつもよりも汗臭さが強く感じられるのは、ポリエステル素材に「通気性が悪く、吸水性が低く、汗が溜まりやすい」という特徴があるためです。

 

つまり、ポリエステルの服を着ると、「いつもよりも汗で蒸れやすくなるため、汗の臭いが強く感じられる」というわけなのです。

 

汗が臭うメカニズムは、汗そのものの臭いはほとんどありませんが「汗が出て皮膚や体毛の常在菌や雑菌に分解される」ことで臭いが強くなります。

 

菌は湿度のある場所が好きです。

 

ポリエステルの服は通気性が悪いため、汗が溜まりやすく蒸れやすくなります。

 

しかも、洋服は、大抵、朝着替えたら1日その洋服で過ごすことになりますから、ポリエステルの服を着たら長時間蒸れやすい環境が続くことになります。

 

ポリエステルの服を着ると、「蒸れやすい×長時間」で他の通気性の良い素材の服を着たときよりも菌が繁殖しやすくなるため「汗の臭いがいつもよりも気になる。。」ということになりやすいのです。

 

 

ポリエステルの服で臭わないための対策は?

 

ポリエステルの服でも汗の臭いが気にならないようにするためには、この3つが役立ちます。

 

・こまめに汗を拭く
・下着を着る
・制汗剤を付ける

 

こまめに汗を拭く

 

ポリエステルの服で汗が臭いやすくなるのは、ポリエステルが通気性が悪く、汗が溜まりやすくなるためです。

 

これは素材の特性でどうしようもありませんから、汗を小まめに拭いて汗が溜まらないようにしていきましょう。

 

菌は湿った場所が好きですから、肌を乾いた状態に維持していけば臭いの元である雑菌も繁殖しにくくなります。

 

下着を着る

 

ポリエステルの服の下に抗菌効果のある下着や吸湿、速乾効果のある下着を着ることでも臭いを抑えることができます。

 

下着を着ると、下着が汗を吸い取り、肌が蒸れにくくしてくれます。

 

汗が多い人は換えの下着を用意して、「汗を掻いたなぁ」と感じたときに着替えるとなおよいでしょう。

 

こちらの下着はアトピーの方でも快適に着られる、吸水・速乾性のある下着です。
詳しくは画像をタップ
↓↓

こういったタイプの下着を着ておくと随分と違ってきます。

 

制汗剤を付ける

 

制汗剤で汗の量を抑えることも汗の臭いを軽減させるのに役立ちます。

 

制汗剤にはスプレータイプやロールオンタイプ、シートタイプ、クリーム、ジェルなどさまざまありますが、用途やシーンに応じて使分けるのがおすすめです。

 

例えば、広範囲に使いたい場合にはスプレータイプ、汗を掻いた後にはシートタイプ、脇の臭いをしっかりと抑えたいならロールオンタイプやクリーム、ジェルがおすすめになります。

 

ワキガなど強い臭いが気になる場合には、ワキガ対応の消臭・制汗剤を活用してみてください。

 

最近では、ワキガが気になる人に向けて作られた消臭・制汗剤があります。

 

主に通販で売られているものがほとんどですが、しっかりと臭いの対策ができるので試してみてくださいね。

 

ワキガが気になる人におすすめの制汗剤を見てみる>>

 

 

ポリエステルの服で臭わないためには、洋服のメンテナンスも大切

 

ポリエステルの服で汗臭くならないためには、洋服を小まめに洗濯をしてきれいな状態に保つことも大切になります。

 

なぜなら、ポリエステルは素材の特性上、汚れが付きやすく、さらに一度汚れが付くと落としにくいという特徴があるためです。

 

洋服に蓄積された汚れには、雑菌も繁殖しやすくなります。

 

雑菌が汗を分解することで汗の臭いは強くなりますから、汚れが蓄積されているポリエステルの服を着ると、その分汗の臭いも強くなりやすくなります。

 

ポリエステルの服の上手な洗濯方法は?

 

ポリエステルは化学繊維ですから、丈夫でしわになりにくいといった特徴があります。

 

それゆえに、「どんな洗い方をしても大丈夫でしょう?」と思われがちです。

 

しかし、1点だけ注意しなければならないことがあります。

 

それは、「汚れの酷いものと一緒に洗ってはいけない」ということです。

 

ポリエステルの服は汚れが付着しやすいという特徴があるため、汚れの酷いものと一緒に洗濯してしまうとその汚れを取り込んでしまうリスクがあるのです。

 

これを逆汚染といいます。

 

このことから、ポリエステルの服を洗濯する場合には、「汚れの酷いものと一緒に洗わない」ことに注意してみてくださいね。

 

また、ポリエステルの服で汚れが気になる場合には、40℃程度のお湯+酸素系漂白剤で洗ってみてください。酸素系漂白剤は色柄物にも使える漂白剤です。

 

お湯で洗うと蓄積された皮脂汚れなども落としやすくなり、スッキリと洗えます。

 

ポリエステルの服は水洗いできるものが多いですが、洗濯前には洗濯表示で水洗いできるかどうかを必ず確認しておきましょう。

 

なかには水洗いできないポリエステルの服もありますから注意が必要です。

 

 

ポリエステルの服でもデザインによっては、汗臭くなりにくいものもある

 

ポリエステルの服でもデザインによっては、汗臭さが気になりにくいものもあります。

 

例えば、袖がふんわりとしたデザインのものです。

 

ポリエステルの服は、肌に密着するほど肌が蒸れやすくなり汗臭さが気になりやすくなります。

 

このことから、ポリエステルの服を着るなら、袖がふんわりとした脇に密着しないデザインのものの方が汗臭さが気になりにくいのです。

 

ただ、ポリエステルの服だからということで購入する人は少ないと思います。。

 

デザインが気に入って素材を確認してみたら、ポリエステルの服だったということがほとんどですね。

 

逆に、ピッタリとしたデザインの服を購入するときに、その素材を確認してみてポリエステル100%だったり、ポリエステルの配合量が多い服は購入するのを見送った方がいいかもしれませんね。

 

 

最後に

 

ポリエステルの服は、手ごろな価格でデザイン的にお洒落なものも多いのが魅力ですね。

 

その素材の特性から汗の臭いが強くなりがちではありますが、下着の工夫や制汗剤の活用などで臭いを抑えることはできます。

 

お気に入りのポリエステルの服があるようなら、汗の臭い対策を行いながら着てみてくださいね。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング