虫歯になりやすい 予防

れふぁブロ

虫歯になりやすい。。予防するにはどうすればいい?


274970

 

 

「歯磨きをきちんとしているのに虫歯になりやすい。。」こんな状況でお困りの方も多いですね。

 

虫歯が厄介なのは、虫歯ができやすい人の場合、きちんと歯磨きやフロスなど丁寧にケアしても虫歯ができてしまうことだったりします。

 

虫歯になりやすい人が虫歯を予防していくにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

虫歯になりやすい原因は?

 

虫歯を予防していくには、まず、その原因を知っておくことが大切になります。

虫歯になりやすい原因にはどんなものがあるのでしょうか?

 

虫歯になりやすい原因としてはこれらがあげれらます。
↓↓

    • もともと虫歯菌が多い
    • 歯並びや歯の形状が複雑
    • 唾液の分泌量が少ない
    • 食生活習慣


もともと虫歯菌が多い

虫歯は歯に粘着した虫歯菌が食事の度に栄養をとりこみ酸を放出し、この酸が歯を溶かすことでできます。

 

そして、虫歯菌の放出した酸によりできた穴に虫歯菌が入ることにより、虫歯の進行が進むことになります。

 

このことから、口の中に存在する虫歯菌の数が多いほど虫歯になるリスクが高まります。

口の中の虫歯菌は、3歳までに虫歯菌に感染しなければ生涯虫歯になりにくくなるといわれています。

 

逆にいうと、3歳までに感染した虫歯菌の数が多ければ虫歯になりやす傾向があるということになります。

 

子どもの時に虫歯になりやすかった方は、もともと口の中に存在する虫歯菌の数が多い傾向があるのかもしれません。

 

世の中には歯磨きをあまりしなくても虫歯にならない人もいますが、こういった方はもともと口の中に存在する虫歯菌の数が少ないのかもしれません。

 

小さなお子さんで虫歯になりやすい場合には、BLIS M18を活用するのがおすすめです。

BLIS M18を使い始めてから虫歯にならなくなったお子さんが沢山います。

 

BLIS M18とは>>

 

歯並びや歯の形状が複雑

歯並びや歯の形が複雑だと、歯磨きで十分に歯垢や菌を落とすことができません。

 

虫歯菌は歯垢に住んでいますから、歯磨きで歯垢を十分に落とせないと口の中に存在する虫歯菌の数が多くなります。

 

また、噛み合わせのバランスも大切になります。

 

例えば、歯の噛みしめなどがある場合、圧力が多くかかる歯の表面は細かいヒビが入るリスクが高まり、そこから虫歯菌が入り虫歯になることがあります。

 

唾液の分泌量が少ない

唾液には、口の中の菌を洗い流したり、酸性に傾いた食後の口腔内を中和して歯が溶けないようにしたり、再石灰化して酸により溶かされた歯を修復する働きがあります。

 

唾液の分泌が少なくなると、虫歯菌が繁殖しやすくなったり、食後酸性に傾いた時間が長くなり虫歯になりやすくなります。

 

食生活習慣

砂糖を多く含む食べ物や歯に付着しやすい食べ物を多く取ったりすると、虫歯リスクが高まります。

 

また、間食回数が多かったりして食べ物を口に入れる回数が増えると、唾液による歯の修復が不足がちになり虫歯になりやすくなります。

 



スポンサードリンク




虫歯になりやすいを予防していくには?

虫歯になりやすい人ば虫歯を予防していくには、この3つがポイントになります。

↓↓

    • 丁寧な歯磨き
    • 唾液の分泌を促す
    • 虫歯菌を減らすアイテムの活用

 

丁寧な歯磨き

虫歯になりやすい人は、もともと口の中に虫歯菌が多くなりやすい傾向があります。

 

歯ブラシでの歯磨きはもちろん、フロスなども併用して、徹底的に歯垢を除去していきましょう。

1日1回は30分程度の時間をかけて丁寧に歯磨きするのがおすすめです。

 

30分というと、長い。。と感じるかもしれませんが、歯科衛生士さんのようなプロでも本格的に丁寧に歯磨きするとなるとこの程度の時間はかかるということです。

 

唾液の分泌を促す

唾液は噛むことで分泌が促されます。

 

食事の時によく噛んで食べるようにしたり、ガムを噛んでみると唾液の分泌が促せます。

 

また、舌を動かすことでも分泌が促されますから、舌を円を描くようにまわすベロ回し運動などで舌を動かしてみるのも効果的です。

 

さらに、耳からアゴにかけて軽くマッサージすると唾液線が刺激されて唾液の分泌を促せます。

噛む、舌を動かす、唾液線のマッサージで唾液の分泌を促してみましょう。

 

虫歯菌を減らすアイテムの活用

丁寧な歯磨きや唾液の分泌を促すのとともに、虫歯菌を減らしてくれるアイテムを活用するとより効果的に虫歯を予防できます。

 

虫歯菌を減らしてくれるアイテムとしてはこれらがあげられます。
↓↓

    • キシリトール
    • BLIS M18

 

キシリトール

キシリトールには、虫歯菌の働きを弱めたり、口の中の酸を中和して虫歯菌の活動を妨げてくれる働きや歯垢をつきにくくする働きがあり、虫歯の予防に役立ちます。

 

BLIS M18

BLIS M18は、虫歯にならない子供たちの研究から見つかった虫歯菌除菌成分で、虫歯にならない世界のトップ2%のこともたちが持っている菌になります。

 

このBLIS M18を活用すると、虫歯菌を追い出してくれたり、歯垢を取り除いて虫歯を予防してくれます。

BLIS M18の特徴は、小さなお子さんから使えるところです。

 

実際にこのBLIS M18が配合された歯磨き粉で磨きはじめたところ、虫歯に定期的に通ったり、フッ素を塗ったりしても防げなかった虫歯ができなくなったというお子さんもいます。

 

とくに小さなお子さんだと、歯磨き自体が嫌いで、十分に歯磨きすることが難しかったりしますが、BLIS M18配合の歯磨き粉だと自ら歯磨きを進んでするお子さんが多いということです。

 

小さなお子さんが喜んで歯磨きするBLIS M18配合の歯磨き粉はこちらです。
↓↓

◎ブリアン

 

bli

 

>>ブリアンを見てみる<<

 

ブリアンは、殺菌剤や発泡剤、界面活性剤が含まれていない、BLIS M18の歯磨き粉です。

いちご味で、うがいができないお子さんでも使えます。

 

このブリアンを使いはじめてから虫歯ができなくなったという声も多いです。

もちろん大人の虫歯予防にも効果的です。

 

ブリアンを見てみる>>

 

 

 

 

 

まとめ

結局のところ、虫歯は虫歯菌が繁殖して酸を出し、歯を溶かすことで発生します。

 

そのため、当たり前かもしれませんが、原因となる虫歯菌を減らしたり、傷ついた歯を修復を促したり、菌の繁殖を防ぐ働きのある唾液の分泌を促していくことが、虫歯になりやすい人にとっても効果的な虫歯予防法になります。

 

また、何をやっても虫歯ができやすいという場合には、BLIS M18のような菌で虫歯菌を追出せるものを活用してみるのもおすすめです。

 

菌で菌を抑えますから、かなり効果的に予防してくれます。




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング