肩こり ひどい

れふぁブロ

肩こりがひどい。。解消する方法は?


117810

 

肩がこると体が重い感じがしてスッキリとしませんし、酷い場合には頭痛や吐き気、めまいといった症状を感じる場合もありますね。

 

肩こりが無くなるとそれだけで体が軽くなり日常生活が送りやすくなりますから、なんとか酷い肩こりをスッキリと解消してしまいたいところですね。

 

酷い肩こりをスッキリと解消するにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

ひどい肩こりの原因は、結局のところこの2つ

    • 肩周辺の筋肉の緊張
    • 血流の悪化

 

肩こりを引き起こす主な原因としては、姿勢の悪さや運動不足、目の疲れ、ストレスなど様々な原因があげられていますが、結局のところ、肩こりは肩周辺の筋肉が緊張して疲労物質が発生し、筋肉が硬くこわばり血管を圧迫して血流が悪化し疲労物質が蓄積されることで起こります。

 

そのため、肩こりを解消するには、「筋肉の緊張をほぐしたり、血流を良くして、疲労物質が蓄積されないようにしていく」ことが大切になります。



スポンサードリンク




筋肉の緊張をほぐし、血流を良くするには?

 

肩こりを解消するには、とにかく筋肉の緊張をほぐして血流を良くしていくことがポイントになります。

 

「筋肉の緊張の緩和」と「血流を促す」の2つを最も簡単に実現できるものとしては、ストレッチがあげられます。

 

首や肩周辺の筋肉をストレッチでほぐしていきましょう。

時間があるようなら、ヨガなどの全身を動かすストレッチをしていくとより効果的です。

 

ストレッチや運動は「面倒くさい。。」と敬遠される方も多いですが、体を動かして筋肉を動かしすことが一番の肩こりの改善法であり予防法になります。

 

最近では楽しくストレッチやエクササイズができるこんなサービスもありますよ。
↓↓
Fit-Lib

↑↑詳しくは画像をクリック↑↑

 

Fit-Lib(フィットリブ)は、スマホやパソコン、タブレットなどでプロのエクササイズ講師のレッスンが受けられるサービスです。

 

自宅に居ながらプロの講師のレッスンが好きな時間に受けられるのが魅力です。

スマホやタブレットなどを直接テレビにケーブルでつないでテレビで動画を見ることもできます。

 

様々なプロの講師が在籍していますし、さらに、レッスンの内容もとても豊富で筋肉をつける本格的なトレーニングからダイエット、健康維持を目的としたヨガやストレッチなど多くのレッスンがあります。

 

また、鍛えたい部位からレッスンを選ぶことができます。例えば、肩こりでお悩みなら鍛えたい部位の「首・肩」を選ぶと肩こりの改善を目的としたヨガやストレッチのレッスンがたくさん出てきます。

 

肩こりの改善を目的としたレッスンにはこんなものがあります。
↓↓
肩・背中リラックスヨガ
目の疲れ、首や肩こり解消ヨガポーズ
美姿勢チェック&肩甲骨をゆるめるエクササイズ
肩こりほぐして、呼吸もラクラク などなど

 

様々な講師が肩こりの解消を目的としたレッスンを公開していますから、色々と試してみると楽しいかもしれません。

 

料金もコースにより異なりますが、月額830~980円でレッスン動画が見放題です。

家族や友達とみんなでエクササイズしてみるのもいいですね。

 

フィット・リブを見てみる>>

また、ストレッチなどで筋肉の緊張をほぐして血流を促しても、姿勢が悪かったりすると根本的に肩こりが改善されないことになります。

 

肩こりを根本的に改善していくには、ストレッチで小まめにケアするとともに日頃から姿勢を良くして肩周辺の筋肉に負担がかかからないようにしていくことが大切になります。

 

肩こりが辛いとお悩みなら、まずは背筋を伸ばして良い姿勢を心がけてみましょう。

例えば、ソファーや椅子に座る場合にも背中を背もたれに預けるのではなく背筋を伸ばして座ってみてください。

 

一見つかれそうですが、背筋を伸ばして座ると肩がすごく楽になりますよ。

 

そして、体を温め、血流を促すのにはやはりお風呂を活用するのが手軽で効果的です。

 

お風呂を活用すると聞くと大層ですが、半身浴で汗をかくまで湯舟に浸かると体の芯から温まり血流がとても良くなります。

 

また、湯舟にゆっくりと浸かれば筋肉の緊張をときほぐすのにも効果的ですし、精神面でのリラックス効果も得られますよ。

 

いつもシャワーだけで済ませている方は、ぜひ、湯舟にゆったりと浸かってみてくださいね。

 

半身浴を始めた当初はなかなか汗が出ないかもしれませんが、できるだけ汗をじんわりとかくまでゆっくりと浸かってみてくださいね。

 

汗をかきにくい方は、こんな入浴剤を使ってみるのもおすすめです。
↓↓

薬用ホットタブ重炭酸湯

ホッタタブ重炭酸湯
↑↑詳しくは画像をクリック↑↑

 

高濃度の重炭酸イオンと水素イオンを発生させ、お湯の中にとどめることでぬるめのお湯でも体に負担をかけずに温めてくれる入浴剤です。

 

こちらの入浴剤は温泉先進国ドイツの低温長時間入浴法に着目して作られたということです。

 

ドイツの低温長時間入浴法は37℃という低温で長時間入浴する入浴法です。

 

薬用ホットタブ重炭酸湯を使うと「入浴後もポカポカ感が続き痛みが楽になる」とか「リラックスできてぐっすり眠れる」、「カサカサ肌がスベスベになった」という声を聞きます。

 

肩こりなどでお悩みの方だけではなく、肌荒れや疲れやすい方、ぐっすりと眠りたい方にもおすすめですから試してみてくださいね。

 

薬用ホットタブ重炭酸湯を見てみる>>

 

肩こりは「筋肉を動かし、血流を促して、肩に負担をかけない正しい姿勢を維持する」ことで改善できます。

 

何をやっても肩こりが治らないとあきらめずにできることから改善していてみてくださいね。



スポンサードリンク




肩こりはこんなことでも酷くなる!

 

肩こりを引き起こす最も多い原因としては姿勢の悪さがあげられますが、姿勢の他にもこんなことが肩こりを酷くする原因となります。

 

    • ストレス
    • 自律神経バランスの乱れ
    • 眼精疲労
    • 体の冷え
    • 体に合わない寝具


ストレス

過度なストレスは筋肉を緊張させたり、血管を収縮させて血流を悪化させ、肩こりを引き起こす原因ともなります。

 

このストレスは精神的なもの、身体的なものの両方を含みます。

半身浴などで1日の疲れをリセットしていくといいかもしれません。

 

ホッタタブ重炭酸湯

 

自律神経バランスの乱れ

過度な精神的・身体的なストレスや更年期、加齢などにより自律神経バランスが乱れることも肩こりを引き起こす原因となります。

 

自律神経は人が生きていくために欠かせないあらゆる活動をコントロールするものですが、この自律神経バランスが乱れると血流が悪化しやすくなり、これにより肩こりといった不調を感じることもあります。

 

女性なら更年期の不調によっても肩こりを感じるようになることがあります。

 

更年期の不調には体内で女性ホルモンと似た働きのある大豆イソフラボンやマカなどを積極的摂ると、その症状が和らぐとされています。

 

最近では更年期の不調を和らげることを目的としたサプリメントが販売されていますから試してみるといいかもしれませんね。

 

更年期の不調におすすめのサプリメントを見てみる>>

 

眼精疲労

目が疲れて目の周辺の筋肉が緊張すると首や肩の筋肉も緊張することになり、肩こりを引き起こす原因となります。

 

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
↓↓
肩こりで吐き気がする。。その原因は眼精疲労かもしれません>>

 

体の冷え

体が冷えると血流が悪化したり、筋肉を緊張させる原因となり、肩こりを引き起こす原因となります。

 

軽い運動やストレッチなどを取り入れて筋肉の緊張を取り、血流を促すようにしてみてください。

 

半身浴もおすすめです。

 

また、体の冷えを取るには食べ物も大切です。冷たい物や体を冷やす作用のある食べ物を多く食べると、やはり体は冷えやすくなります。

 

なるべく常温や温かい食べ物や飲み物を摂るようにして、さらに、体を温める作用のある生姜などを積極的に摂るようにしてみてくださいね。

 

体に合わない寝具

体が沈み込みすぎたり、寝返りが十分にうてないような体に合わない寝具は、血流を悪化させたり、筋肉を緊張させる原因となり肩こりや腰痛を引き起こす原因となります。

 

私事ですが、この敷布団で本当に寝返りがしやすくなったみたいで辛かった肩こりが楽になりました。
「朝起きても疲労感が残る。。」といった方にもおすすめです。
↓↓

 

 

肩こりはできるだけ症状が軽いうちに小まめにケアをして解消していくことが大切です。

 

肩こりとはいえ酷くなると自律神経バランスを乱す原因となり、めまいや吐き気といった不調を引き起こすことにもなります。

 

筋肉の緊張を防ぎ、血流を促して、肩こりを解消していきましょう。




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング