肩こり 吐き気

れふぁブロ

肩こりで吐き気がする。。その原因は眼精疲労かもしれません


 

192861

 

肩こりだけではなく、吐き気もすると日常生活にも支障をきたすこともあり辛いですね。

 

やはり、こういった不調はなるべく早くスッキリと改善して、毎日をスムーズに元気に過ごしていきたいものですね。

 

ここでは肩こりと吐き気が起こる原因やその改善法についてご紹介しています。参考にしてみてくださいね。

 

 

 

肩こりと吐き気の原因は?

 

「肩こりがあって吐き気もする。。」

もし、あなたがこんな症状でお悩みなら、その症状はひょっとすると眼精疲労によるものかもしれません。

 

なぜなら、目を酷使することによる目の筋肉の疲れは首を通じて肩にまで及び肩こりを引き起こす原因となりますし、眼精疲労や肩こりはストレスとなって自律神経バランスを乱して血流を悪化させることで吐き気や頭痛を引き起こす原因となるからです。

 

眼精疲労で肩こりや吐き気が起こるメカニズムを簡単に表すとこちらです。
↓↓

目の疲れが蓄積されると眼精疲労になる

眼精疲労による筋肉の緊張が肩にまで伝わり肩こりを引き起こす

眼精疲労と肩こりがストレスになる

ストレスにより血流が悪化して自律神経バランスが乱れる

吐き気や頭痛などを引き起こす

 

眼精疲労がきっかけで肩こりや吐き気が出てしまうというと少し意外な感じがするかもしれませんが、人の体は各機関が密接に繋がり関連しあっているため、慢性的な眼の疲労はやがて肩に伝わり肩の不調を引き起こす原因になります。

 

ただ、吐き気をともなう肩こりは、酷い肩こりの場合にも生じる症状になりますから、その吐き気をともなう肩こりが眼精疲労によるものかどうかは併せてこんな症状が気になるかどうかで判断してみましょう。

 

眼精疲労による肩こりの特徴は、肩こりだけではなくこんな症状も気になります。
↓↓

    • 目の痛みや充血
    • かすみ目
    • ドライアイ・目が乾燥する
    • 目に異物感がある
    • まぶたがピクピク痙攣することがある
    • 不眠
    • 頭痛など

 

このように肩こりや吐き気に加えて主に目の不調を感じるようなら、その肩こりは眼精疲労によるところが大きいと言えそうです。



スポンサードリンク




眼精疲労による肩こりを改善していくには

 

眼精疲労による肩こりを改善していくには、まずはその大きな原因である眼精疲労を解消していくことが大切になります。

 

そして、眼精疲労を改善するのに最も役立つ方法としては、血流を促すことがあげられます。

 

眼精疲労の原因には目の酷使や精神的なストレス、度数の合わないメガネやコンタクトレンズの使用など様々なものがありますが、その改善には血流を促すことがとても役立ちます。

 

血流を促すことがどうして眼精疲労の解消に役立つのかというと、血流が良くなることでこんな効果が期待できるからです。
↓↓

    • 血流が促されると疲労により緊張しがちになっている筋肉が柔らかくなり、目の機能がスムーズに働くようになる
    • 目に十分な栄養が運ばれてくる
    • 新陳代謝が良くなる

 

眼精疲労は目の疲れが過度に蓄積されたものといえる症状で、目の機能がスムーズに働かないことで目に過度な負荷がかかっている状態です。

 

目の血流を促すと、目の機能がスムーズに働きやすくなったり、新陳代謝を促してダメージを受けた細胞の修復を促進したり、目に必要な栄養を十分に供給して目の蓄積疲労を回復へと導いてくれます。

 

目の血流を簡単に促せる方法としては、目を温めたり、目の周辺をマッサージがおすすめです。

 

目を温めるというと大層に聞こえますが、蒸しタオルを目の上に置いたり、最近人気の蒸気が出て目元を温められる使い捨てシートなどを活用する程度で十分です。

 

ちょっとしたことですが、血流が促されたり、筋肉が柔らかくなって疲労物質の排出を促すことができ目の疲れを軽減させることができます。

 

また、目の周辺のマッサージは眼球を押さないように注意して、1日数回、5秒程度優しくほぐしてあげましょう。

 

目の周辺にある疲れ目に効くツボ、太陽(たいよう)や攅竹(さんちく)、晴明(せいめい)、承泣(しょうきゅう)、魚腰(ぎょよう)、絲竹空(しちくくう)などを優しく押さえながらマッサージするとより効果的です。

 

人気の蒸気が出て目元を温められるシートです。
↓↓

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 咲きたてローズの香り 14枚入

 



スポンサードリンク




肩こりの大きな原因には姿勢の悪さもあげられます

 

酷い肩こりの大きな原因のひとつには、姿勢の悪さもあげられます。

 

例えば、猫背気味であったり、うつむいた姿勢を長時間続けていたりすると、肩に負荷がかかり酷い肩こりを引き起こす原因となります。

 

とくに、日本人は頭が大きく筋力が弱い傾向があり猫背になりがちだということですから、なるべく胸を張って、頭が肩や首に負担のかからない位置にくるように姿勢を正していきましょう。

 

ちなみに、猫背になると頭が前に出て、肩や首の筋肉が硬くなりやすくなります。

 

また、例えば、スマホやパソコン、デスクワークなど前傾姿勢になることが多い方も猫背と同様に方に負荷がかかるリスクが高まります。

 

猫背ではない方も、スマホやパソコンの閲覧やデスクワークで前傾姿勢を取ることが多い方は注意が必要です。

 

いつも姿勢を正しておくことは難しいかもしれませんが、スマホやパソコンを見る場合には適度に休憩を入れて、上体を反らせたり、肩甲骨を広げて伸びをしたりするストレッチを取り入れてみましょう。

 

これだけでも随分と違ってきます。

 

 

最近では様々な種類の目にいいサプリメントが発売されていますが、こういったサプリメントを活用してみるのも眼精疲労の軽減に役立ちます。

 

というのも、こういったサプリメントには目の見るという機能を向上させてくれる働きのある栄養素が含まれていて、目の機能をスムーズに働かせる助けになってくれるからです。

 

おすすめの目にいいサプリメントをランキング形式でご紹介してみました。参考にしてみてくださいね。

 

目にいいサプリメントランキングを見てみる>>




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング