医療保険 がん保険 違い

れふぁブロ

医療保険とがん保険の違いは?その選び方は?


043659
医療保険とがん保険はどちらも病気になった時に保障が受けられるものですが、どちらも似たような印象がありますね。

 

医療保険とがん保険と2つに別れているということは何か違いあるということ。

医療保険とがん保険では、一体何が違うのでしょうか?

 

 

 

医療保険とがん保険の違いは?

 

医療保険はがんを含むあらゆる病気やケガ対する保障が受けられる保険ですが、がん保険はその対象ががんに特化された保険になります。

 

医療保険とがん保険のどちらもがんに対する保障が受けられますが、その保障の厚さが異なります。

 

例えば、入院した時や手術を受けた時に保障が受けられるのはどちらも一緒ですが、医療保険の場合にはこれらの保障が受けられる期間に30日までといった制限や通院給付金が入院した場合のみといった条件がついていることが多いです。

 

一方、がん保険の場合には、入院や手術、放射線治療、抗がん剤治療を伴うものに関しては日数の制限が無かったり、がんと診断された場合に給付される一時金が多めにもらえたりと、長引きがちながん治療を支えてくれる保障内容になっています。



スポンサードリンク




医療保険とがん保険は両方加入すべき?

 

医療保険はがんを含む幅広い病気やケガに、がん保険はがんに特化した保障内容となると、万一、がんに罹った場合のことを考えると、「やはり、両方の保険に加入しておいた方が安心?」こんふうに思ってしまいます。

 

確かに、がんに罹った場合のことを考えると、少しでも手厚い保障があると安心ですから両方加入しておくのが安心だと言えます。

 

ただ、両方加入するとなると、毎月の保険料もそれなりに高額になるのが辛いところだったりしますね。

 

そこで、医療保険とがん保険の両方に加入すべきかどうかを決める際の判断の指針としては、「がんに罹った場合に保険にどの程度保障してもらいたいか」ということを考慮して決断するのがおすすめになります。

 

例えば、蓄えが十分でなく、突然のがん治療に使えるお金が不安。。という場合には、医療保険とがん保険の両方に加入しておくとより安心かもしれません。

 

というのも、がん保険の場合にはがんに対する保障が手厚いため、がんと診断されるとまとまった一時金がもらえたり、また、長引きがちながん治療を回数制限無く保障が受けれるというメリットがあるからです。

 

逆に、ある程度医療費として使える貯蓄がある場合には、医療保険だけでも十分かもしれません。

 

なぜなら、医療保険でもがんに罹った場合には、他の病気と同様に保障が受けられるからです。

 

そして、公的医療保険の制度には高額療養費制度というものがあり、同一月にかかる医療費が一定の額を超えるほど高額であった場合には申請すると一定の金額を超えた部分が後日戻ってきます。

 

そのため、健康保険が有り、健康保険が使える治療を受ける分には、莫大な治療費がかかることはまれだと言えます。

 

具体的に、高額療養費制度を活用するとどれ位の負担で済むのかというと、高額療養費制度の自己負担額は年齢や所得に応じて異なりますが、例えば、70歳未満で年収が約370万円未満の方の場合には57,600円を超える部分が、年収370~約770万円の場合には80,100円+(医療費-267000円)×1%を超える部分が戻ってきます。

 

年収370~約770万円の場合で具体的な例で試算してみるとこちらです。
↓↓

高額療養費として一月に医療費100万円を窓口負担3割で30万円支払った場合
80,100円+(1000,000-267000円)×1%=87,430円の自己負担額を超える212,570円が戻ってきます。

 

70歳以上の場合には、一般的な収入の場合には12,000円を超える部分が戻ってきます。

 

更に高額療養費制度では、高額の負担が年に3月以上ある場合には、4月目から自己負担額が更に下げられます。

 

このように医療費が沢山かかる場合にはこういった制度がありますから、ある程度まとまった蓄えがあり、医療費として使っても差支えない場合には、がんに罹ったとしても医療保険で十分に賄える可能性が高いのです。



スポンサードリンク




医療保険には、こんなものもあります

 

医療保険の中には、がん特約が充実した保険も増えてきています。

 

こういったがん特約が充実した医療保険を選べば、保険料を抑えながら、がんに対する備えを充実させることができます。

 

がんに対する備えでどうしても保障を厚くしたい部分があるなら、医療保険をベースに特約で補ってみるのもいいかもしれません。

 

ただ、特約でがんに対する保障を加える場合には、主契約である医療保険を解約すると特約部分も解約されてしまいますから保険を変更する際には注意が必要です。

 

医療保険やがん保険は、安い保険料のもので十分かもしれません

医療保険やがん保険は、生命保険と違い、一月あたりの保険料が数千円ですむことが多いため、目についた良さそうな保険で済ます方も多いですが、年齢にもよりますが保険料が1月あたり3,000円や5,000円といった保険はもったいないかもしれません。

 

よくファイナンシャルプランナーなどのお金のプロが言っていることですが、保険で万一の場合に対して手厚く備えるのは損で、それよりも、現金で貯金していく方が良いと言われています。

 

というのも、結局のところ、保険は、いくら「生存給付金」や「健康お祝い金」などのお金がもらえる特典がついていたりしてお得なように見えても、それは保険会社のポケットマネーで契約者にプレゼントしてくれるものではなく、契約者から集めた保険金から出されたものだからです。

 

しかも、保険会社の経費を引いた残りの部分からです。

 

つまり、生存給付金や健康お祝い金などのお金がもらえる特典や貯蓄性の高さを謳っている保険は、契約者のメリットは少なく、ムダに高い保険料になっている場合が多いのです。

 

保険に加入する際は、トクしようと思わずに、実際に病気になった場合を想像してみて必要最低限の保障が得られることを念頭において選ぶといいかもしれません。



スポンサードリンク




自分にとって必要な保険がわからない場合には

 

医療保険やがん保険には、終身保障型や一定の期間保障が受けられる定期型のものがあったり、また、前述のように特約で保障を厚くすることができたりと、様々なものがあります。

 

この中から自分の年齢や条件にあった保険を探すのは、実際のところ結構大変だったりします。

 

例えば、医療保険は、一般的に加入時の年齢が若いほど保険料が安くなり、さらに、加入時の年齢を同年齢で比較すると定期型の方が保険料が安い傾向があります。

 

このことから、同じ保障内容の保険に加入するなら、若い頃は定期型で、中年期以降は終身型が得なように思えますが、加入時期によれば終身型でずっと同じ保険に加入している方がトータルの保険料が安くすむこともあります。

 

また、保険のサービス内容も、どんどん新しいものが出てきていますから、自分に合った保険がわからない場合には、一度、保険のプロのアドバイスを聞いてみるのもおすすめです。

 

アドバイスを聞く保険のプロは、特定の保険会社の営業員ではなく、中立的な立場でアドバイスがもらえる、様々な保険会社の保険を扱っている保険のお店やファイナンシャルプランナーを活用してみてください。

 

とくに、生命保険に加入している場合には特約で医療保険がついている場合も多いですから、今現在加入している保険があるようなら、その保険の保障内容も合せて相談してみましょう。

 

保障内容がダブルともったいないですからね。

 

ファイナンシャルプランナーに無料で相談してみたい方には、こちらのサイトが参考になります。
詳しくは画像をクリック
↓↓
保険マンモス

 

 

こちらのサイトでお近くの保険ショプが検索できます。チェックしてみてくださいね。
詳しくは画像をクリック
↓↓
マネモ




スポンサードリンク



 

タグ :

お金

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング