コーヒー 産地 味の違い

れふぁブロ

コーヒーは産地によって味が違う!コーヒの産地による味の特徴は?


dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

 

 

 

「コーヒーは産地によって味が違う。」よくこんなふうに言われていますね。

ここではコーヒーの産地による味の特徴をご紹介しています。

 

 

 

コーヒの産地とその味の特徴は?

 

ジャマイカ

ブルー・マウンテン連邦の特定のエリアで取れたものがブルーマウンテンとブランドつけされています。

 

ブルーマウンテンは、卓越した香りと調和のとれた味わい、軽い口当たり、滑らかなのど越しが特徴です。

最高級の品質と評価が高いです。

 

ハワイ島

ハワイ島西部のコナ地区で栽培されたコナは、ブルーマウンテンに次ぐブランドです。

 

酸味とコク、なめらかな味わいが楽しめます。

ブレンドに加えると、良質な酸味が与えられます。

 

タンザニア

日本ではキリマンジャロと呼ばれています。

 

強い酸味とコクがあり、野性味あふれる味と言われています。

焙煎具合で違った風味が楽しめます。深い焙煎では上品な苦みが楽しめます。

 

イエメン

モカ・マタリはイエメン産の最高級銘柄です。

 

ワインフレーバーと評されることもあり、香気に優れ、独特の酸味と甘み、コクがあります。

 

エチオピア

エチオピアのモカは、モカ・シダモやモカ・ハラーなどと呼ばれています。

個性的な味と香りが特徴です。

 

ブラジル

サントス港から出荷されるサントスは、味のバランスが良く、ブレンドのベースによく使われています。

中煎りでは柔らかな、深煎りになると力強い苦味が楽しめます。

 

グアテマラ

高地産のものは香りが良く高級品ですが、安価なものはブレンドのベースとしてよく使われています。

酸味とコクがあり、香気も良く、華やかさとキレのある後味が特徴です。

 

コロンビア

酸味と甘みが濃厚ですが、バランスの良いのが特徴です。

安価であるため、ブレンドのベースに使われることも多いです。

 

インドネシア

スマトラ産のマンデリンは最高級品として有名です。

奥行のある苦み、濃厚なコク、芳醇な香りが楽しめます。

 

このほかにジャワ島のジャワ・ロブスターやトラジャ地方のトラジャなども高級品です。

 

ケニア

ヨーロッパでは第一級品として位置づけされています。

野性味あふれる強いキレのある力強い味わいが楽しめます。

フルーツのようなさわやかな風味が特徴です。

 

キューバ

クリスタルマウンテンは最優良品で、香りが高く、適度な酸味と苦みが楽しめます。

ブルーマウンテンに似た軽くてバランスの良い風味ともいわれます。

 

コスタリカ

上質なコクと風味、酸味が特徴です。

軽めでクリアな飲み口が楽しめます。

 

 

コーヒーは赤道をはさんだ南北のコーヒーベルトと呼ばれる約70ヶ国で栽培されています。

 

それぞれ地域により味わいが異なりますから、飲み比べしてみると楽しいかもしれませんね。



スポンサードリンク




手軽に世界のコーヒーを手軽にあれこれ楽しみたい

世界の様々な産地の美味しいコーヒーを飲みたいけれど、豆を選んでというところからだと知識がないとなかなか大変だったりしますね。

 

「手軽に世界の本格的なコーヒーを楽しみたい。」こんなふうに考えている方におすすめのなのが、こちらです。

↓↓

UCCの世界のコーヒーお届け便

UCC

 

UCCの世界のコーヒーお届け便の詳細を見てみる>>

 

月ごとにUCCが厳選した世界の様々な地域のコーヒーが届くサービスです。

1ヶ月あたり、48杯分のドリップポッドが送られてきます。

 

1杯あたり81円で本格的なコーヒーが楽しめるということ。

しかも、初回にはプロのハンドドリップを再現したドリッパーが無料でついてきます。

 

初回1,980円(税込・送料無料)で始められので、本格的なコーヒーを手軽に飲みたい方にはおすすめです。

 

UCCの世界のコーヒーお届け便を見てみる>>




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング