掛布団 軽い 暖かい

れふぁブロ

軽くて暖かい掛布団が欲しい!どんな掛布団がおすすめ?


264610
掛布団が重いとその重みでなんとなく寝苦しく感じたりしますね。

やはり、掛布団は軽くて暖かい物を選んでいきたいところです。

 

軽くて暖かく快適に眠るにはどんな掛布団がおすすめなのでしょうか?

 

 

 

おすすめの軽くて暖かい掛布団

 

羽毛布団

 

羽毛布団は軽くて暖かい掛布団の代表格ですね。

 

良い羽毛布団を購入すれば、軽くて暖かく、手入れも楽で10~15年程度も持ち、長く使えるメリットがあ ります。

 

羽毛布団の良し悪しは、中に詰められれている羽根のクオリティで決まります。

 

一般的に寒い地域の羽毛が品質が良いとされていて、かさ高く空気を多く含んでいるものが暖かい羽毛布 団になります。

 

ただ、羽毛布団にはこんなデメリットもあります。

↓↓

    • ムレやすい
    • 体温の低い方は温まりにくい
    • ぜんそくやアレルギーを悪化させることも


ムレやすい

羽毛布団は羽毛が飛び出さないように加工がされているため、湿度が逃げにくい構造になっています。

 

そのため、汗かきの方が羽毛布団を使うと、その汗の湿度でムレやすくなります。

 

体温の低い方は温まりにくい

羽毛布団は寝ている人の体温で羽毛が温まることにより発生した熱を溜めこみ暖まるため、体温が低い方が羽毛布団を使うと温まりにくくなります。

 

 

ぜんそくやアレルギーを悪化させることも

羽毛布団には羽毛が入っているため、いくら飛び出し防止加工がされていても使用するうちに細かい羽毛が出てきたりします。

 

こういった羽毛を吸い込むと、ぜんそくやアレルギーを悪化させる原因となることもあります。

 

 

体温が低くかったり、ぜんそくやアレルギーが気になる方は、下でご紹介している合繊わたの掛布団がおすすめです。

 

 

 

合繊わたの掛布団

 

合繊わたの掛布団は、ポリエステルなどの化繊のわたが使われています。

 

こんなふうに聞くと寒いのでは?と思わるかもしれませんが、最近の合繊わたは天然素材にない機能が盛り込まれていて薄く軽くても天然素材のものよりも温かく眠れるものも多いのです。

 

そして、合繊わたは、もともとニオイや雑菌がなく衛生的なうえに、お値段が手ごろといったメリットがあります。

 

例えば、ママウォームという掛布団は、遠赤外線を放射する中綿や保温効果の高いシンサレートという高機能中綿が使われていて、効率良く体を温めてくれます。

 

わた自体に遠赤外線を放射する機能があるため、体温が低い方でも寒い思いをせずに眠れるというわけなのです ママウォームを見てみる>>

 

また、こういった合繊わたのかけ布団は、軽くて暖かいだけではなく、抗菌・防臭・ダニ防止などの様々な機能がついていたり、水洗いできたりするメリットもあります。

 

ダニやアレルギーといった衛生面が気になる方には最適の素材になります。

おすすめの合繊わたの掛布団

 

ママウォーム


↑↑詳しくは画像をクリック↑↑

 

遠赤外線を放射する中綿が使われ、軽くて暖かい掛布団です。

 

抗菌・防臭・ダニ防止・速乾・吸汗・ノンダストと機能面も充実しています。

合掛け布団と肌掛け布団の2枚組で調整できるところも便利です。

 

サイズはシングル・セミダブル・ダブルと3サイズあります。

 

陽だまりの休息プレミアム



↑↑詳しくは画像をクリック↑↑
寝返りをうってもずれにくい形状、熱を外に逃がさないV字ホットエアリー構造、遠赤外線素材の3つでじわじわ暖かい掛布団です。

 

もちろん抗菌・防臭・ノンダスト効果があり清潔に安心して使えます。

 

また、こちらの掛布団は春夏と秋冬のリバーシブル仕様になっていて1年をとおして使えるメリットもあります。

 

陽だまりの休息の特徴は?そして評判は?>>

 

 

 

072798

 

軽くて暖かい掛布団は、羽毛布団か合繊わたの掛布団の2択だといえます。

 

それぞれお好みに応じて活用してみてくださいね。

 

ちょっと贅沢かもしれませんが、羽毛布団+合繊わたの肌かけ布団など組み合わせで使うとかなり暖かく過ごせそうです。




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング