アントシアニン ルテイン 違い

れふぁブロ

アントシアニンとルテインの効果の違いは?※目の為には両方必要


001678

 

 

目にいい成分としては、アントシアニンやルティンが有名ですね。

 

このアントシアニンとルテインには似たようなイメージがありますから、目のためにはどちらを摂ればいいのかとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

アントシアニンとルテイン、それぞれの目に対する効果にはどんな違いがあるのでしょうか?

 

 

 

アントシアニンとルテインの違いは?

 

簡単にいうと、アントシアニンが目の見るという機能の改善に、ルテインは有害な可視光線から目を守るのに効果的な成分になります。

アントシアニンの効果は?

アントシアニンは赤紫や赤色の野菜や果物に多く含まれているポリフェノールの一種になります。

 

具体的にアントシアニンがどんなふうに見る機能の改善に役立つのかというと、アントシアニンはロドプシンと呼ばれる物質の再合成を促して物を見えやすくしてくれます。

 

ロドプシンは視神経の細胞に含まれる成分で、視覚で捉えた光の情報を視神経を通じて脳に伝える際に欠かせない物質に なります。

 

このロドプシンが「再合成⇒分解」を繰り返すことで脳に目で見た情報が伝わります。ロドプシンは光が当たると分解さ れますから、1日に「再合成⇒分解」の繰り返しは数限りない回数繰り返されています。

 

そのため、このロドプシンの働きが低下すると物が見えにくく感じるようになります。

 

例えば、眼精疲労や疲れ目、老眼などで物が見えにくい。。といった症状は、ロドプシンの働きが様々な原因により低下している可能性があります。

 

また、アントシアニンには抗酸化作用や血流促進作用があり、目だけではなくアンチエイジングや生活習慣病のリスクを低下してくれる効果も期待されています。

 

ルテインの効果は?

ルティンはカロテノイドの一種で緑黄色野菜などの色の濃い野菜や植物に多く含まれています。

 

そしてルテインは元々人の体に存在する栄養素で瞳の水晶体や黄斑部に多く存在していて、紫外線を始めとする様々な有害な光線を遮り目の健康を守ってくれています。

 

ルテインは人の体内に存在するものの、自分で作り出すことができないため食べ物で補給する必要があります。

 

また、アントシアニンと同様に抗酸化作用も高く、体の健康維持にも役立ちます。

有害な光線は白内障などの目の病気を引き起こす原因ともされています。

 

太陽光だけではなく、パソコンやスマホといったブルーライトが出る物をよく見る方は、ルテインを積極的に摂って目を守るように心がけるのがおすすめです。

 

072798

 

アントシアニンとルテインはどちらも目に良いものですが、それぞれ目での働きが異なります。

 

できれば両方摂っていくのがベストですが、どちらか一方だけということなら、疲れ目や眼精疲労で目がかすむことが多い方にはアントシアニンが、白内障などの目の病気が気になる方はルテインがおすすめになります。

 



スポンサードリンク




 アントシアニンとルテインの1日当たりの目安摂取量は?

 

アントシアニとルテイン、それぞれの1日当たりの目安摂取量としては、アントシアニンが40mg以上、ルテインが10~20mgになります。

 

アントシアニンは水溶性の栄養素であるため、時間の経過とともに体外に排出されてしまいます。

そのため、過剰摂取の心配はありませんが毎日小まめに補給していくことが大切になります。

 

一方、ルテインは脂溶性です。

緑黄色野菜などから補給する場合には油と一緒に食べると吸収がよくなります。

 

ただ、ルテインを合成ルテインのサプリメントで補給する場合は、副作用も確認されていたりしますから過剰摂取には注意が必要です。

 

 

 

アントシアニンとルテインを手軽に摂るには?

 

アントシアニンとルテインの両方を手軽に摂るにはサプリメントがおすすめです。

最近では、この両方が摂れるサプリメントが多くあります。

 

サプリメントには合成成分のものと天然成分のものがありますが、できるだけ天然成分のものを選ぶのが体のためにはおすすめです。

 

とくに合成ルテインには副作用が確認されていますから、購入の際には注意が必要です。

 

 

目にいいおすすめのサプリメントを見てみる>>




スポンサードリンク



 

この記事に関連する記事一覧

サイト内検索
おすすめランキング
最近の投稿
カテゴリー
タグ
人気記事ランキング